Entrepreneur Internship Program ... Entrepreneur Internship Program (EIP) م€گهڈ‚考م€‘ç±³ه›½مپ«مپٹمپ‘م‚‹م‚¤مƒ³م‚؟مƒ¼مƒ³م‚·مƒƒمƒ—

Embed Size (px)

Text of Entrepreneur Internship Program ... Entrepreneur Internship Program (EIP)...

  • Entrepreneur Internship Program

    NPO法人(特定非営利活動法人)ETIC. http://www.etic.or.jp

    info@etic.gr.jp

    東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST 17F サンブリッジ・ベンチャーハビタット

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    Education about society

    「見る・知る」

    Education in society

    「経験する」

    Education for society

    「貢献する」

    企 業 の コ ミ ッ ト メ ン ト

    成果追求レベル

    見学・座学型 ・刺激 ・低学年教育

    研修型 ・触れる ・業務知識

    実践型 ・問題発見解決 ・自ら考える ・完結した流れを経験する

    EIPが推進する実践型インターンシップとは?①が推進する実践型インターンシップとは?①が推進する実践型インターンシップとは?①が推進する実践型インターンシップとは?①

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ

    大学がイニシアチブを取り、カリキュラムの一環として実施するも の。1年間大学で講義を受け、その後半年間はインターンシップに フルタイムでコミットするなど、授業と交互に実施される形式が一 般的。通常、長期間の取り組みになる。英国では、サンドウィッチ エデュケーションと呼ばれている。

    コーププログラム

    通常3ヶ月程度、夏期休暇中に行われるインターンシップ。3ヶ月 限定のプロジェクトに取り組むことが多い。

    サマーインターンシップ

    専門分野での実習経験。教育実習を始めとし、専門性の高い分 野において多く導入される。日本でも古くから行われているもの。

    プラクティカム

    見学的要素が強い体験型学習プログラム。

    専門家や経営者の仕事について、短期間観察して学習する。影 のようについて歩くことからシャドウイングと呼ばれる。

    フィールドスタディ

    シャドウイング

    ◎米国におけるインターンシップの実施形態(一例)◎米国におけるインターンシップの実施形態(一例)◎米国におけるインターンシップの実施形態(一例)◎米国におけるインターンシップの実施形態(一例)

    日本で実施される多くのインターンシップは、フィールドスタディーのような短期型のもの。 企業が自らイニシアチブを取り推進するインターンシップは殆ど行われていない。

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ

    ・あらゆる就業機会での普及  (連邦政府、NPO、NASA、CIA、ベンチャー・大手企業など) ・新卒の70%が在学中に経験 ・採用時における書類選考のトップ3(専攻、就業経験、学位) ・学生の大移動(学期中は地元で、休暇中は都心で) ・インターンシップ(夏休み2ヶ月が中心) ・コーププログラム(カリキュラムとの連動、5年制大学) ・報酬形態も多様(無報酬~月収50万円クラスまで)

    このようなインターンシップを支えている基盤は何か? ・何故あらゆる就業機会で可能なのか? ・何故新卒の70%もの学生が参加可能なのか? ・何故採用時における書類選考のトップ3にまで入るのか?  単なる文化の違い?

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ

    米国学生 「インターンシップの目的」

    上位項目

    Work Experience Employment Opportunities Communication Skills

    日本人学生 「インターンシップの目的」

    上位項目

    社会学習の場 関心分野の業種を理解したい ビジネスマナーを学びたい

    (ETIC.理事 佐藤真久氏 修士論文より) (ETIC. 『インターンシップに関する実態調査』より)

    主体的 ⇔ 受身的     就業  ⇔ 見学・体験

    output型 ⇔ input型 

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ【参考】米国におけるインターンシップ

    1900

    ベンチャー企業の増加

    NPO団体の増加・多様性

    1930 1960

    1000

    1990

    100

    200

    産業化の波

    専門技術と

    訓練を求める声

    ■大学と社会のギャップ

    ■求められる即戦力

    ■高等教育のコスト増大

    学生が求人需要を上回る

    (雇用吸収力の低下)

    1968年高等教育法の改正

    インターンシップに対する財政的支援(1968~) 多額の助成金を大学へ

    高等教育報告書(1970) 「教育内容が実際の仕事と緊密な関係を持つべき」

    導入大学数(全米)

    シンシナティ大学(1906)導入 ノースイースタン大学(1909)導入

    高等教育の民衆化

    工学系などを中心とした専門分野における

    インターンシップ導入

    シンシナティ大学 Cooperative Education ハーマン・シュナイダー学長の理念

    「理論と実践の反復が教育の質を高める」

    1980年代後半 全米大学の90%がカリキュラムとして導入

    ベトナム戦争スプートニックショック

    レーガノミクス (軍拡)

    経済低迷(ブッシュ政権)

    ベビーブーム

    ベビーブーマー20代

    1970年初頭~ インターンシップの本格的な普及

    インターンシップの社会的認知

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    Washington D.C.California NPO ハイテク産業

    ベンチャー企業

    国連機関

    連邦政府

    連邦議会

    :地域の高等教育機関

    夏期になるとサマーインターンシップに参加す る学生によって、ワシントンD.C.のインターンシッ プ人口が通常の約3倍の15000人になる。

    :インターンシップによる学生 の移動

    【参考】米国におけるインターンシップ 【参考】米国におけるインターンシップ 【参考】米国におけるインターンシップ 【参考】米国におけるインターンシップ インターンシップによる学生の国内大移動

  • Entrepreneur Internship Program (EIP)

    社会貢献

    採用活動の一環

    社会貢献

    採用活動の一環

    マーケティング

    受入側 の目的

    業務生産性の向上

    組織文化への影響

    業務生産性の向上

    特定課題の解決

    職業意識醸成

    仕事への理解

    刺激(問題意識)

    大手企業、専門事務所

    行政が中心

    貪欲な学習意欲

    研修生

    業務見学・座学

    シャドウイング

    1~2週間

    見学型

    問題発見・解決能力

    企画提案能力

    自律的キャリアデザイン

    あらゆる機関で

    実施可能

    特定の課題への貢献

    プロジェクトスタッフ

    特定業務アシスタント

    課題解決

    2ヶ月~3ヶ月

    中期型 研修型長期型

    職業意識醸成

    仕事への理解

    刺激(問題意識)

    人材育 成目標

    問題発見・解決能力

    自律的キャリアデザイン

    起業家的行動特性獲得

    (達成意欲、柔軟性、主体 性、リスク管理など)

    プロジェクトマネジメント

    大手企業

    行政が中心

    主な受入 先

    ベンチャー企業、NPO 大手企業新規事業部

    貪欲な学習意欲

    学生ならではの意見

    学生へ の期待

    プロジェクトの成功

    特定の役割の遂行

    研修生 社内位 置付け

    プロジェクトリーダー

    特定業務責任者

    業務体験内容 課題解決

    プロジェクトマネジメント

    期間

    分類

    1ヶ月前後

    短期見学・研修型インターンシップ

    3ヶ月~12ヶ月

    実践型インターンシップ

    EIPが推進する実践型インターンシップとは?② が推進する実践型インターンシップとは?② が推進する実践型インターンシップとは?② が推進する実践型インターンシップとは?②