Click here to load reader

Guidelines for the Use of Intellectual Property under the ... Generally intellectual property is not confined to that relating to technology. However, the Guidelines deal solely with

  • View
    0

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of Guidelines for the Use of Intellectual Property under the ... Generally intellectual property is not...

  • - 1 -

    この知的財産の利用に関する独占禁止法上の指針の翻訳は 「法令用語日英標準対訳辞書」、 (平成20年3月版)に準拠して作成したものです。なお、この法令の翻訳は公定訳では ありません。法的効力を有するのは日本語の法令自体であり、翻訳はあくまでその理解を 助けるための参考資料です。この翻訳の利用に伴って発生した問題について、一切の責任 を負いかねますので、法律上の問題に関しては、官報に掲載された日本語の法令を参照し てください。 This English translation of the Guidelines for the Use of Intellectual Property under the Antimonopoly Act has been prepared in compliance with the Standard Bilingual Dictionary (March 2008 edition). This is an unofficial translation. Only the original Japanese texts of laws and regulations have legal effect, and translations are to be used solely as reference material to aid in the understanding of Japanese laws and regulations. The Government of Japan will not be responsible for the accuracy, reliability or currency of the legislative material provided on this Website, or for any consequence resulting from use of the information on this Website. For all purposes of interpreting and applying the law to any legal issue or dispute, users should consult the original Japanese texts published in the Official Gazette.

    知的財産の利用に関する独占禁止法上の指針

    Guidelines for the Use of Intellectual Property under the Antimonopoly Act

    ( )Tentative translation

    目次

    Table of Contents 第1 はじめに

    Part 1. Introduction 1 競争政策と知的財産制度

    1 Competition Policy and Intellectual Property Systems( ) 2 本指針の適用対象

    2 Scope of Application of the Guidelines( ) 3 本指針の構成等

    3 Outline of the Guidelines( ) 第2 独占禁止法の適用に関する基本的な考え方

    Part 2. Basic Principles on Application of the Antimonopoly Act 1 独占禁止法と知的財産法

    1 The Antimonopoly Act and Intellectual Property Laws( ) 2 市場についての考え方

    2 Principles in identifying a market( ) 3 競争減殺効果の分析方法

    3 Method of analyzing the effect in reducing competition( ) 4 競争に及ぼす影響が大きい場合の例

    4 Cases where restrictions may have major impacts on competition( ) 一 競争者間の行為

    i Acts between competitors( )

  • - 2 -

    二 有力な技術

    ii Influential technologies( ) 5 競争減殺効果が軽微な場合の例

    5 Cases where restrictions are deemed to have a minor effect in reducing( ) competition 第3 私的独占及び不当な取引制限の観点からの考え方

    Part 3. Viewpoints from Private Monopolization and Unreasonable Restraint of Trade 1 私的独占の観点からの検討

    1 Viewpoints from Private Monopolization( ) 一 技術を利用させないようにする行為

    i Inhibiting the use of technology( ) 二 技術の利用範囲を制限する行為

    ii Limiting the scope of the use of technology( ) 三 技術の利用に条件を付す行為

    iii Imposing conditions on the use of technology( ) 2 不当な取引制限の観点からの検討

    2 Viewpoints from Unreasonable Restraint of Trade( ) 一 パテントプール

    i Patent pool( ) 二 マルティプルライセンス

    ii Multiple licensing( ) 三 クロスライセンス

    iii Cross-licensing( ) 第4 不公正な取引方法の観点からの考え方

    Part 4. Viewpoints from Unfair Trade Practices 1 基本的な考え方

    1 Basic Viewpoints( ) 2 技術を利用させないようにする行為

    2 Inhibiting the Use of Technology( ) 3 技術の利用範囲を制限する行為

    3 Limiting the Scope of the Use of Technology( ) 一 権利の一部の許諾

    i Licensing rights in part( ) ア 区分許諾

    a Function-specific licensing( ) イ 技術の利用期間の制限

    b Limiting the license period( ) ウ 技術の利用分野の制限

    c Limiting the field where the technology may be used( )

  • - 3 -

    二 製造に係る制限

    ii Restrictions pertaining to manufacturing( ) ア 製造できる地域の制限

    a Limiting the area in which manufacturing is allowed( ) イ 製造数量の制限又は製造における技術の使用回数の制限

    b Limiting the quantity of products or the number of times of using the( ) technology in manufacturing 三 輸出に係る制限

    iii Restrictions pertaining to export( ) 四 サブライセンス

    iv Sublicensing( ) 4 技術の利用に関し制限を課す行為

    4 Imposing Restrictions in relation to the Use of Technology( ) 一 原材料・部品に係る制限

    i Restrictions on raw materials and components( ) 二 販売に係る制限

    ii Restrictions on sales( ) 三 販売価格・再販売価格の制限

    iii Restrictions on selling and resale prices( ) 四 競争品の製造・販売又は競争者との取引の制限

    iv Restrictions on manufacturing and sale of competing products or on( ) transactions with competitors 五 最善実施努力義務

    v Best effort obligations( ) 六 ノウハウの秘密保持義務

    vi Obligations to protect confidentiality of knowhow( ) 七 不争義務

    vii No-contest obligation( ) 5 その他の制限を課す行為

    5 Imposing Other Restrictions( ) 一 一方的解約条件

    i Unilateral termination provisions( ) 二 技術の利用と無関係なライセンス料の設定

    ii Establishment of royalties without relation to the use of technology( ) 三 権利消滅後の制限

    iii Restrictions after extinction of rights( ) 四 一括ライセンス

    iv Package licensing( ) 五 技術への機能追加

    v Addition of functions to technology( )

  • - 4 -

    六 非係争義務

    vi Obligations of the non-assertion of rights( ) 七 研究開発活動の制限

    vii Restrictions on research and development activities( ) 八 改良技術の譲渡義務・独占的ライセンス義務

    viii Obligations to assign improved technology or to grant exclusive licenses for( ) improved technology 九 改良技術の非独占的ライセンス義務

    ix Obligations to grant non-exclusive licenses for improved technology( ) 十 取得知識、経験の報告義務

    x Obligations to report obtained knowledge and experience( )

    第1 はじめに

    Part 1 Introduction

    1 競争政策と知的財産制度

    1 Competition Policy and Intellectual Property Systems( ) 技術に係る知的財産(注1)制度(以下「知的財産制度」という )は、事業者の研。

    究開発意欲を刺激し、新たな技術やその技術を利用した製品を生み出す原動力となり

    得るものであり、競争を促進する効果が生ずることが期待される。また、技術取引が

    行われることにより、異なる技術の結合によって技術の一層効率的な利用が図られた

    り、新たに、技術やその技術を利用した製品の市場が形成され、又は競争単位の増加

    が図られ得るものであり、技術取引によって競争を促進する効果が生ずることが期待

    される。このように、知的財産制度は、自由経済体制の下で、事業者に創意工夫を発

    、 、 、揮させ 国民経済の発展に資するためのものであり その趣旨が尊重されるとともに

    円滑な技術取引が行われるようにすることが重要である。

    他方、知的財産制度の下で、技術に権利を有する者が、他の事業者がこれを利用する

    、 、ことを拒絶したり 利用することを許諾するに当たって許諾先事業者の研究開発活動

    生産活動、販売活動その他の事業活動を制限したりする行為(以下「技術の利用に係

    る制限行為」という )は、その態様や内容いかんによっては、技術や製品をめぐる。

    競争に悪影響を及ぼす場合がある。

    したがって、技術の利用に係る制限行為についての独占禁止法の運用においては、知

    的財産制度に期待される競争促進効果を生かしつつ、知的財産制度の趣旨を逸脱した

    行為によって技術や製品をめぐる競争に悪影響が及ぶことのないようにすることが競

    争政策上重要であると考えられる。

    The legal frameworks to protect intellectual property Note 1 in relation to( ) technology hereinafter referred to as “intellectual property systems” may( ) encourage entrepreneurs to conduct research and development and may serve as a driving force for creating new technologies and products based on the technologies. They can be seen as having pro-competitive effects. In addition,

  • - 5 -

    technology transactions assist in promoting competition by enabling increased efficiency in the use of technology through combinations of different technologies, the formation of new markets for technologies and their associated products, as well as an increase of competing parties. In a free market economy, intellectual property systems motivate entrepreneurs to actualize their creative efforts and contribute to the development of the national economy. It is i

Search related