Click here to load reader

Japan Atomic Energy . ... ii JAEA-Review 2014-003 Annual Report of Nuclear Science Research Institute, JFY 2012 Nuclear Science Research Institute, Tokai Research and Development Center

  • View
    1

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of Japan Atomic Energy . ... ii JAEA-Review 2014-003 Annual Report of Nuclear Science Research...

  • 本レポートは独立行政法人日本原子力研究開発機構が不定期に発行する成果報告書です。

    本レポートの入手並びに著作権利用に関するお問い合わせは、下記あてにお問い合わせ下さい。

    なお、本レポートの全文は日本原子力研究開発機構ホームページ(http://www.jaea.go.jp) より発信されています。

    独立行政法人日本原子力研究開発機構 研究技術情報部 研究技術情報課

    〒319-1195 茨城県那珂郡東海村白方白根 2 番地 4 電話 029-282-6387, Fax 029-282-5920, E-mail:[email protected]

    This report is issued irregularly by Japan Atomic Energy Agency. Inquiries about availability and/or copyright of this report should be addressed to Intellectual Resources Section, Intellectual Resources Department, Japan Atomic Energy Agency. 2-4 Shirakata Shirane, Tokai-mura, Naka-gun, Ibaraki-ken 319-1195 Japan Tel +81-29-282-6387, Fax +81-29-282-5920, E-mail:[email protected]

    © Japan Atomic Energy Agency, 2014

  • i

    JAEA-Review 2014-003

    平成 24 年度原子力科学研究所年報

    日本原子力研究開発機構

    東海研究開発センター 原子力科学研究所

    (2014 年 1 月 9 日受理)

    原子力科学研究所(原科研)は、保安管理部、放射線管理部、工務技術部、研究炉加速器管理

    部、福島技術開発試験部、バックエンド技術部の6部、原科研福島技術開発特別チーム及び、計

    画管理室で構成され、各部署が中期計画の達成に向けた活動を行っている。本報告書は、平成 24

    年度の原科研の活動と原科研を拠点とする安全研究センター、先端基礎研究センター、原子力基

    礎工学研究部門、量子ビーム応用研究部門、バックエンド推進部門、原子力人材育成センターな

    どが原科研の諸施設を利用して実施した研究開発及び原子力人材育成活動の実績を記録したもの

    であり、今後の研究開発や事業の推進に役立てられることを期待している。

    原子力科学研究所:〒319-1195 茨城県那珂郡東海村白方白根 2-4

  • ii

    JAEA-Review 2014-003

    Annual Report of Nuclear Science Research Institute, JFY 2012

    Nuclear Science Research Institute, Tokai Research and Development Center

    Japan Atomic Energy Agency

    Tokai-mura, Naka-gun, Ibaraki-ken

    (Received January 9, 2014)

    Nuclear Science Research Institute (NSRI) is composed of Planning and Coordination Office,

    Fukushima Project Team and six departments, namely Department of Operational Safety

    Administration, Department of Radiation Protection, Engineering Services Department,

    Department of Research Reactor and Tandem Accelerator, Department of Fukushima Technology

    Development and Department of Decommissioning and Waste Management. This annual report of

    JFY 2012 summarizes the activities of NSRI, the activities of the R & D Directorates and

    Human Resources Development at NSRI site, and is expected to be referred and utilized by

    R & D departments and project promotion sectors at NSRI site for the enhancement of their

    own research and management activities to attain their goals according to “Middle-term

    Plan” successfully and effectively.

    Keywords: Annual Report, Nuclear Science Research Institute, JAEA, R&D Activities, Research

    Reactors, Criticality Assemblies, Hot Laboratories, Large-scale Facilities

  • JAEA-Review 2014-003

    iii

    年報の刊行によせて

    原子力科学研究所(以下「原科研」という。)は、平成 17年 10 月1日の日本原子力研究所と

    核燃料サイクル開発機構の廃止・統合に伴って、旧日本原子力研究所東海研究所を改組して新た

    に発足した研究開発拠点である。日本原子力研究開発機構(以下「原子力機構」という。)の中

    で最大規模の拠点である原科研は、研究用原子炉、加速器、核燃料や放射性物質を安全に取り扱

    える施設など特徴ある多くの研究施設を有し、これらを活用して原子力の安全研究や原子力基礎

    工学研究、量子ビーム応用研究などを実施している。

    研究開発拠点としての原科研の組織は、研究施設の運転や安全管理、インフラの維持、廃棄物

    処理などを担当する6つの部と今年度から新たに設置された原科研福島技術開発特別チームから

    構成されている。さらに、原科研内では、5つの研究開発部門が活発に研究開発を進めており、

    原子力機構全体の事業推進を担う本部組織として、原子力人材育成センター、核物質管理科学技

    術推進部、産学連携推進部なども駐在している。

    本稿は、平成 24 年度における上記組織の活動を、各組織の協力を得てまとめたものである。原

    科研は、先の震災により甚大な被害を受けた。使用できなくなった建家がいくつかあり、平成 24

    年度は復旧に向けた工事等を本格化させ、従前の研究機能を可能な限り早期に回復すべく、一丸

    となって取り組んだ。

    また、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に対しては原子力機構を挙げて対応してい

    るところであるが、原科研では原科研福島技術開発特別チームが中心となって、原子力研究開発

    の中核拠点として蓄積してきた科学技術知識や施設基盤を、原子力発電所の廃止措置に向けた

    様々な技術的課題等への対応や福島県民の要請に役立てるよう努力している。引き続き、原科研

    の活動へのご支援とご指導ご鞭撻をお願い致したい。

  • JAEA-Review 2014-003

    iv

    目 次

    第一章 概要 ································································· 1

    第二章 東電福島第一原発事故対応に係る活動 ··································· 3

    1 原子炉施設の廃止措置に係る技術開発 ········································ 3

    1.1 材料の健全性評価に係る技術開発 ········································ 3

    1.2 燃料デブリの臨界管理に係る技術開発 ···································· 3

    1.3 原子炉内の状況把握に係る技術開発 ······································ 4

    1.4 燃料デブリの性状把握に係る技術開発 ···································· 5

    1.5 燃料デブリの計量管理に係る技術開発 ···································· 5

    1.6 汚染水処理に伴う二次廃棄物の安定保管に係る技術開発 ····················· 6

    1.7 事故廃棄物の処理処分に係る技術開発 ···································· 6

    2 福島の環境安全に係る研究開発 ·············································· 7

    2.1 福島周辺の公衆及び作業者の放射線防護対策に係わる研究 ··················· 7

    2.2 小規模試験装置による高温下における Cs 挙動の解明 ························ 8

    3 福島県住民への内部被ばく検査等の支援 ······································ 8

    第三章 研究施設の運転管理と原子力科学研究所の運営に係る活動 ·················· 10

    1 研究施設の運転管理 ························································ 10

    1.1 JRR-3 及び JRR-4 の運転管理 ············································· 10

    1.1.1 運転 ······························································· 10

    1.1.2 保守・整備、水・ガス管理 ··········································· 10

    1.1.3 燃料、使用済燃料の管理 ··········································· 11

    1.1.4 研究炉利用の高度化のための技術開発 ································· 13

    1.1.5 許認可 ····························································· 15

    1.1.6 教育訓練 ··························································· 17

    1.1.7 東日本大震災における施設の復旧活動 ································· 17

    1.2 NSR