of 38 /38
OpenStackインテグレーションのポイントと構築例 2013312OpenStackDay Tokyo 2013 2013312クラウドプラットフォーム事業グループ 情報通信システム事業グループ クロスファンクショングループ

OpenStackDay Tokyo 2013 · OpenStack CloudStack ・・・ 可搬性 ・・・ 協調動作 17 OpenFlow! OpenComputeProject NW IaaS 2010 OSSクラウド基盤ソフトウェア CloudOS、IaaSController

  • Author
    others

  • View
    1

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of OpenStackDay Tokyo 2013 · OpenStack CloudStack ・・・ 可搬性 ・・・ 協調動作 17...

  • OpenStackインテグレーションのポイントと構築例2013年 3月 12日

    OpenStack Day Tokyo 2013

    2013年 3月 12日クラウドプラットフォーム事業グループ

    情報通信システム事業グループクロスファンクショングループ

  • Agenda�会社紹介

    �CTCのクラウドサービス�クラウドネイティブ時代に向けた取り組み

    �OpenStackインテグレーションのポイント�まとめ

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 2

  • 〒100-6080 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル本 社 所 在 地

    1972(昭和47)年4月1日創 立

    21,763百万円資 本 金

    7238名(CTCグループ、2012年4月現在)社 員 数

    代表取締役社長 菊地 哲代 表 者

    沿革(沿革(20062006年年1010月~月~20122012年年44月)月)

    CTC (伊藤忠テクノソリューションズ )のご紹介

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation

  • 多数のベンダーとNo.1パートナシップを構築時代を先取りした海外最新技術への取組み Oracle Platinum パートナー <最上位クラス>Oracle Excellence Aword 2012Oracle Excellence Award Specialized Partner of the YearSecurity – Japan , Server and Storage - Japanソリューションプロバイダプレミアパートナー<最上位クラス>Chanel Partner of the Year

    ITインフラの分野では、国内トップクラスのマルチベンダSIer

    海外最新技術を先進的に取組むことで、国内トップクラスの調達/SI/保守の実績

    ITインフラ分野におけるCTC

    Copyright (c)2012 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 4クラウドクラウドクラウドクラウド時代時代時代時代仮想化時代仮想化時代仮想化時代仮想化時代ホストホストホストホスト時代時代時代時代 オープンシステムオープンシステムオープンシステムオープンシステム時代時代時代時代 InternetInternetInternetInternet時代時代時代時代19901990199019901985198519851985 20002000200020001995199519951995 2005200520052005 2012012012012222

    ゴールド認定パートナー <最上位クラス>Global Award 2011受賞プレミアビジネスパートナー<最上位クラス>HP BladeSystem Partner Awardにおいて「Partner of the Year」受賞

    Star Partner <最上位クラス>Partner of the Year受賞Support Partner of the Year受賞プラチナ・パートナー <最上位クラス>シグニチャーパートナー <最上位クラス>ユニファイド・ストレージ VNXシリーズ販売台数日本第1位

  • CTCのクラウドサービス

  • CTCのクラウドサービス

    クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 6

    「「「「cloudagecloudagecloudagecloudage(クラウデージ)」は、CTCのクラウドビジネス基本コンセプトである「クラウド時代のビジ(クラウデージ)」は、CTCのクラウドビジネス基本コンセプトである「クラウド時代のビジ(クラウデージ)」は、CTCのクラウドビジネス基本コンセプトである「クラウド時代のビジ(クラウデージ)」は、CTCのクラウドビジネス基本コンセプトである「クラウド時代のビジ

    ネスインフラストラクチャーを創造」を体現するブランドで、ネスインフラストラクチャーを創造」を体現するブランドで、ネスインフラストラクチャーを創造」を体現するブランドで、ネスインフラストラクチャーを創造」を体現するブランドで、cloudcloudcloudcloud(クラウド)と(クラウド)と(クラウド)と(クラウド)とageageageage(時代)を組み合わ(時代)を組み合わ(時代)を組み合わ(時代)を組み合わ

    せた造語です。せた造語です。せた造語です。せた造語です。

    ロゴのシンボルマークを構成する個々の四角形はCTCのクラウドサービスを表現しています。最ロゴのシンボルマークを構成する個々の四角形はCTCのクラウドサービスを表現しています。最ロゴのシンボルマークを構成する個々の四角形はCTCのクラウドサービスを表現しています。最ロゴのシンボルマークを構成する個々の四角形はCTCのクラウドサービスを表現しています。最

    下の長方形は仮想化統合された下の長方形は仮想化統合された下の長方形は仮想化統合された下の長方形は仮想化統合されたITITITITインフラを表しています。さらに青のコーポレートカラーによっインフラを表しています。さらに青のコーポレートカラーによっインフラを表しています。さらに青のコーポレートカラーによっインフラを表しています。さらに青のコーポレートカラーによっ

    てCTCとクラウド(てCTCとクラウド(てCTCとクラウド(てCTCとクラウド(CloudCloudCloudCloud)の頭文字に共通する「C」を表現しています。)の頭文字に共通する「C」を表現しています。)の頭文字に共通する「C」を表現しています。)の頭文字に共通する「C」を表現しています。

  • IaaS/PaaS

    ITインフラをクラウドでご提供。サーバー、ネットワーク、ストレージなどを月額課金で利用可能仮想化ホスティング仮想化ホスティング仮想化ホスティング仮想化ホスティング Windows Server® 2008 R2 Hyper-VTM採用の仮想化ホスティングサービス

    セルフカスタマーポータル型で、ITインフラのシステム稼働状況の確認・メンテナンスが可能CUVICシリーズの仮想化・統合化環境上でのOS、ミドルウェア構築/運用サービスAWSを利用した、クラウド環境の構築・運用サービス

    標準化されたITインフラと運用サービスを低下価格、高品質で提供Elastic CUVIC

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 7

    クラウドバックアップクラウドバックアップクラウドバックアップクラウドバックアップ

    ハイブリッドハイブリッドハイブリッドハイブリッドHPCソリューションソリューションソリューションソリューション全国7拠点に分散保存するセキュアストレージサービス EMC Avamarを活用した重要データの遠隔バックアップサービス災害対策・NetAppストレージ向けデータ疎開サービス

    その他その他その他その他 計算需要の変動に柔軟に対応するハイブリッドクラウドサービス PaaS Salesforce.com社のビジネスアプリケーション開発プラットフォーム

  • SaaS業種共通業務業種共通業務業種共通業務業種共通業務1111 高度なセキュリティと多彩な機能を持つ次世代メールサービス スマートフォン・タブレット端末のビジネス活用を支援する法人向けファイル共有サービスSaaS型ビジネスポータルサイト構築・運用サービスクラウド型言語解析サービス クラウド型コンタクトセンターシステムサービス

    コミュニケーションコラボレーションサービスコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーションコミュニケーション

    省エネ省エネ省エネ省エネ・・・・エネルギー管理エネルギー管理エネルギー管理エネルギー管理for Business

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 8

    省エネ省エネ省エネ省エネ・・・・エネルギー管理エネルギー管理エネルギー管理エネルギー管理帳票マーケティングクラウドサービス電子帳票電子帳票電子帳票電子帳票 文書管理サービス文書文書文書文書////データ管理データ管理データ管理データ管理

    帳票企業内エネルギーマネジメントシステムEMS改正省エネ法対応・省エネ対策支援サービスReporterモバイルデバイス管理とウィルス対策を統合的に提供するサービスモバイルモバイルモバイルモバイル インシデント管理機能中心に使い易さを追求したサービスデスクツール提供サービス運用支援運用支援運用支援運用支援

  • SaaS業種共通業務業種共通業務業種共通業務業種共通業務2222 緊急地震速報・気象情報配信サービス 企業内データのマッシュアップに適した地図配信サービス災害対策災害対策災害対策災害対策

    CRMアプリケーションサービスCRM/SFACRM/SFACRM/SFACRM/SFA 競下げ方式の電子入札「リバースオークション」のクラウドサービス戦略と実行のギャップを埋める戦略的人人財管理人財管理人財管理人財管理地図情報地図情報地図情報地図情報調達調達調達調達////購買購買購買購買

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 9

    材活用クラウドサービス

  • SaaS

    スーパーコンピューターによる科学・工学計算ソフトのクラウドサービス 各種産業、メディアに合わせて提供される気象情報サービス環境環境環境環境////エネルギーエネルギーエネルギーエネルギー スマートコミュニティ構築支援サービス移動体資産管理テレマティクスサービス流通流通流通流通////物流物流物流物流 ネットスーパーに最適化したECプラットフォームサービス

    業種特化業種特化業種特化業種特化

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 10

    教育機関向け高機能かつ低価格なクラウド型メールサービス文教文教文教文教 電力系統制御エリアおよび風力発電所向けの発電出力予測サービス電力電力電力電力医薬品安全性情報の収集、評価、報告等を支援するクラウドサービス医療医療医療医療

  • プライベートクラウド

    次期次期次期次期ITITITIT取り組み取り組み取り組み取り組み

    テーマ検討テーマ検討テーマ検討テーマ検討

    構想立案構想立案構想立案構想立案 要件定義・設計要件定義・設計要件定義・設計要件定義・設計 構築・移行構築・移行構築・移行構築・移行 運用運用運用運用

    Work shop各種ソリューション紹介や勉強会、簡易アセスメントを実施し、次期IT取り組みテーマ検討のご支援を致します。 プライベートクラウド導入を検討されているお客様を対象とした構想立案コンサルティングインフラ部分の仮想化アプライアンスと、専用開発されたユーザポータルとリモート運用サービスを組み合わせた、プライベートクラウド・オールインワンソリューションお客様のプライベートクラウド構築を支援する仮想化環境構築ソリューション 仮想化統合基盤を最適化し統合効果を最大化する運用サービ

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 11

    CTCが提供するソリューションをデモにて体感いただくことが可能です。お客様のプライベートクラウド構築を支援する、オールインワン・アプライアンスソリューションWebLogicサーバを中核に採用した共通アプリケーション基盤構築ソリューションOracleRACを使用した統合データベース基盤構築ソリューション

    大化する運用サービスOSSを中心にMW、DBの安定稼働をハイスキルエンジニアがリモートシェア型でご支援するサービス

    各種 OSS プロダクトの構築支援・サポート・脆弱性情報の提供を行うトータルオープンソースサポートサービスOpen Cube for Enterprise

  • クラウドを支える高信頼DCサービス

    所在地 神戸市北区開設 1994年10月延床面積 約19,000㎡構造 鉄骨鉄筋コンクリート造耐震構造フリーアクセスフロア 耐震構造

    KCC

    神戸コンピュータセンター 所在地 東京都渋谷区開設 2005年4月延床面積 約1,700㎡構造 鉄骨造耐震構造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)免震構造フリーアクセスフロア 耐震構造

    SDC

    渋谷データセンター 所在地 東京都文京区開設 2008年10月延床面積 約6,200㎡構造 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄筋コンクリート造)耐震構造フリーアクセスフロア 耐震構造二次元床免震

    MDC

    目白坂データセンター

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 12所在地 東京都千代田区開設 2000年10月延床面積 約3,500㎡構造 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)制震構造フリーアクセスフロア 耐震構造

    建物名 東館(EYC) 西館(WYC) 北館(NYC)所在地 横浜市都筑区開設 1987年10月 2001年3月 2013年4月予定(現在建設中)延床面積 約22,000㎡ 約22,000㎡ 約9,300㎡構造 鉄骨鉄筋コンクリート造耐震割増構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)耐震構造 鉄骨鉄筋コンクリート造基礎免震構造フリーアクセスフロア 耐震構造

    OiDC

    大手町インターネット

    データセンター

    YCC

    横浜コンピュータセンター

  • これまで〜時代のニーズに合わせて最適なサービスを提供〜

    メインフレーム- 集中管理 -

    インターネット- 分散システム -

    1990 2005

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 13

    オープン化- ネットワークコンピューティング -

    仮想化/クラウド1.0- 所有から利⽤ -

    1980 2000現在

  • これからのITサービス

    メインフレーム- 集中管理 -

    インターネット- 分散システム -

    1990 2005

    クラウド2.0- クラウドネイティブ -OpenStack & OpenCloud

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 14

    オープン化- ネットワークコンピューティング -

    仮想化/クラウド1.0- 所有から利⽤ -

    1980 2000 201X現在

  • クラウドネイティブに向けた取り組み

  • クラウドネイティブとは

    仮想化/クラウド1.0- 所有から利⽤ -

    クラウド2.0- クラウドネイティブ -

    次世代MW

    従来のまま

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 16

    クラウド化のまま

  • OpenStack & OpenCloud とは

    OpenCloud■ 仕様・動作・データ構造が透明であること■ 連携可能なオープンAPIを備える事

    CloudFoundry / OpenShiftPaaS

    OpenStack CloudStack

    ・・・可搬性・・・協調動作

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 17Open Flow

    Open Compute Project物理NW

    IaaSOpenStack■ 2010年から開発されるOSSクラウド基盤ソフトウェア■ CloudOS、IaaS Controller と呼ばれる。■ Amazon EC2/S3/EBS相当の機能を実現■ 巨大なコミュニティとエコシステムを持ち、開発も活発

    Eucalyptus

    OpenNebula

    Wakame-VDC

  • OpenStackの役割

    OpenStack

    IaaS基盤 標準化インフラ基盤 次世代MW基盤

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 18

    OpenStack

    作り方が重要 作り方が重要使い方も重要 使い方が重要

  • IaaS基盤として

    マルチテナントで多数収容 研究・開発環境

    インスタント環境をセルフサービスで提供テナントA テナントB

    IaaS基盤 標準化インフラ基盤 次世代MW基盤

    作り方が重要使い方が重要

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 19

    OpenStackPublic IaaS Private IaaS

    無数の選択肢(HW・SW)A社サーバ B社サーバ C社サーバ

    D社ストレージ Eストレージ F社ストレージG社NW機器 H社NW機器 I社NW機器

    提供したいサービスの特性、コストに合わせて、自由に組合せ、選択可能

    OpenStack

  • 標準化ITインフラ基盤として IaaS基盤 標準化インフラ基盤 次世代MW基盤

    オーケストレーション層ディプロイメント 構成維持・管理

    自社アプリケーション実⾏環境インフラに依存しない実⾏環境の定義

    作り方が重要使い方が重要

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 20

    OpenStackPublic/Private IaaS

    無数の選択肢(HW・SW)A社サーバ C社サーバ

    D社ストレージ EストレージH社NW機器

    HWに依存しない標準化ITインフラ基盤

  • 次世代APP基盤として IaaS基盤 標準化インフラ基盤 次世代MW基盤

    操作・ロジック・データ

    環境、データのロード 結果

    結果

    次世代MW「クラウドネイティブ」なソフトウェア

    作り方が重要使い方が重要

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions CorporationOpenStack

    必要なリソースをリクエスト

    計算リソースの確保

    環境、データのロード 結果

  • CTCの取り組み

    SDN/OpenFlow、各種商用ストレージ、運用支援ソフトウェア、アプライアンスを組み合せたインテグレーションを提供。

    IaaS基盤

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 22

    OpenCloudOpenCloud

    ターゲット、ベースソフトウェアの選定中。2013年度より開発・検証予定。

    次世代MW基盤IaaS基盤の構築に加え、オーケストレーションと組合せたインテグレーションを提供。自社のサービス開発にも活用。

    標準化ITインフラ基盤

  • CTCの取り組み

    SDN/OpenFlow、各種商用ストレージ、運用支援ソフトウェア、アプライアンスを組み合せたインテグレーションを提供。

    IaaS基盤

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 23

    OpenCloudOpenCloud

    ターゲット、ベースソフトウェアの選定中。2013年度より開発・検証予定。

    次世代MW基盤IaaS基盤の構築に加え、オーケストレーションと組合せたインテグレーションを提供。自社のサービス開発にも活用。

    標準化ITインフラ基盤

  • OpenStackインテグレーションのポイント

  • OpenStack環境を「作る」場合のポイント�OpenStackは単体で完結するソフトウェアでは無い事に注意

    理想

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 25

    OpenStack

  • OpenStack環境を「作る」場合のポイント�OpenStackは単体で完結するソフトウェアでは無い事に注意

    � 正しく「作る」には新旧の要素技術への精通が重要

    理想 現実

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 26

    OpenStack OpenStackサーバ・仮想化

    ネットワークストレージ

    インテグレーション

  • OpenStackの概要構造

    ハイパーバイザー制御

    イメージ管理

    オブジェクトストレージ

    Nova

    Glance

    Swift

    各種APIオーケストレーター

    KVM, Xen, Hyper-V

    通常FS、分散FSS3互換ストレージ

    ストレージ種別とIO特性S3互換ストレージ

    OpenStack ← 作る使う →

    インフラ管理者オペレーター

    エンドユーザーアプリ開発者

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 27

    ブロックストレージ制御

    仮想ネットワーク制御

    認証

    Swift

    Cinder

    Quantum

    Keystone

    ユーザポータル

    業務ワークフロー(BP)

    Horizon

    S3互換ストレージLinux標準機能

    商用ストレージ、分散FSVLAN、OVS

    SDN, OpenFlow標準認証

    AD連携、外部認証連携データベース

    AMQP

    インシデント管理

    運用ソフトウェア(Job、Backup等)

    構成管理利⽤率管理

  • 構築例�マルチハイパーバイザー

    �共有ファイルシステム & LiveMigration�SDN/OpenFlow連携�標準機能の置き換え:オブジェクトストレージ

    �インテグレーション済みOpenStackイネーブラ�コストバランスの良いDRサイト構築

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 28

  • マルチハイパーバイザー環境下での利⽤�利用したい仮想OSの種類に合わせて最も適したハイパーバイザーを選択

    Cloud Controller Network ControllerPortal & Console

    WebUI操作 ReST API操作

    ブースにてデモ展示致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 29Windows 2012

    Hyper-VWindows 2012

    Hyper-VCentOS6

    KVMCentOS6

    KVM

  • 共有ファイルシステムとLiveMigration�外部ストレージを利用し、仮想マシンの安全性と運用性の向上

    Cloud Controller Network Controller

    管理者が操作

    LiveMigration

    ブースにてデモ展示致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 30CentOS6

    KVMCentOS6

    KVM 共有ファイルシステム今回のデモではGlusterFSを利用

    NetApp、EMC等の商用ストレージ

    も利用可能。

    仮想マシンを稼働させたまま、別

    の物理環境へ移動する。

  • SDN/OpenFlowとの連携�VM作成とOpenFlowを連携して、動的なネットワーク環境を実現

    OpenStackCloudOS �仮想ネットワークの作成・削除

    �仮想マシンの追加・削除Quantumによる制御

    IaaSコントロールレイヤ

    ネットワークコントロールレイヤ

    ブースにてデモ展示致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 31Pica8

    BigSwitch

    OpenFlow Switch

    OpenFlow Controller

    OpenFlowによる制御

    �OpenFlow Switchの管理�Flow Tableの作成

    �Flow Tableに基づきパケット配送

    ネットワークコントロールレイヤ

    データプレーンレイヤ

  • SDN/OpenFlowとの連携�OpenFlowネットワークの可視化

    ブースにてデモ展示致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 32

  • OpenStack標準機能の置き換え�分散オブジェクトストレージ 「Cleversafe」

    DATA ゲートウェイサーバ ゲートウェイサーバで受信したデータを⼀定の数量へパリティ付きでスライス

    1最大商用実績「80PB」

    高拡張性高信頼性低コスト

    :スケールアウト方式でゼタバイト級ストレージを実現:分散配置で複数サーバ障害/DC停止時もサービス継続:高ディスク格納効率+SATAディスクで安価に構成

    ブースにて詳細説明致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 33DATAゲートウェイサーバ

    SITE 1 SITE 2 SITE 3 SITE 4 スライスされたデータは複数データセンター、複数サーバ、異なる地域へ分散配置

    データを取り出す際はゲートウェイサーバへ集まったデータを組み合わせてデータを復元

    3

    2

    Amazon S3 API対応暗号化対応Hadoop内蔵(2013年上期予定)

  • インテグレーション済み OpenStack イネーブラ�エンタープライズ プライベート クラウドシステム 「nebula」Customer

    The Internet

    Compute Pool

    ブースにて詳細説明致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 34Storage Pool

    NetApp/EMC/など

    オブジェクトストレージ ブロックストレージ

    クラウドサービスA クラウドサービスB クラウドサービスC

    ブロック/ファイルレベル(構造化データ)オブジェクトレベル(非構造化データ)

  • コストバランスの良いDRサイト構築�オーケストレーターのディプロイ機能を利用して、低コストでDRを実現

    オーケストレータ―APP実⾏環境を定義

    ×最低限のデータのみ同期

    ブースにて詳細説明致しました

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 35

    OpenStackPublic IaaSPrivate IaaS

    OpenStack×方式 初期コスト 維持コスト 復旧時間同期型(ストレージ同期) 高 高 即コードベース 低 低 早バックアップ・リストア(Cold) 低 低 遅

  • まとめ

  • まとめ�今後はクラウドネイティブ時代へ変化していくと予想

    � その変化ではOpenStack/OpenCloudが重要な要素となる

    �CTCは「作る」「使う」の双⽅の⽴場でお客様をご⽀援いたします� OpenStackの安定利⽤には既存の技術への精通が重要

    - OpenStackはハイパーバイザー、ストレージ、ネットワーク等の既存要素技術の集合体- 要件に合わせてインテグレーションする事で、最適なOpenCloud環境を実現

    Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation

    �今後、CTCのデータセンターではOpenStack/OpenCloudを採用したクラウドサービスの提供を⾏っていきます

    37

  • Copyright (c)2013 ITOCHU Techno-Solutions Corporation 38