of 8 /8
「 I Tインフラコスト削 減 」と、「より高 いサービスレ ベ ル の 実 現 」 Oracle Database 11g R2 代理店名 本カタログの情報は、2009年12月現在のものです。実際の製品とは内容が異なる場合があります。 *Oracle、Oracle Real Application Clusters、Oracle Database 11g、Oracle Database 10g、Oracle9i Database、Oracle8i、Oracle8、Oracle7、Oracle Real Application Testing、 Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault、Oracle Grid Computing、 Oracle Automatic Storage Management、Oracle XML Database、Oracle Data Guard、Oracle Flashback、Oracle Virtual Private Database、Oracle Partitioning、 Oracle Real Application Clusters One Node、Oracle Clusterware、Oracle Application Express、Oracle SQL Developer、Oracle Recovery Manager、Oracle Secure Backup、 Oracle Enterprise Manager、Oracle Automatic Storage Management Cluster File System、Oracle Warehouse Builder、Oracle OLAP、Oracle Discoverer、Oracle Scheduler、 Oracle Transparent Data Encryption、Oracle Data Mining、Oracle Net Services、Oracle Multimedia、Oracle Spatial、Oracle Label Security、Oracle Data Profiling and Quality、 Oracle Diagnostics Pack、Oracle Tuning Pack、Oracle Change Management Pack、Oracle Configuration Management Pack for Oracle Database、 Oracle Provisioning and Patch Automation Pack for Database、Oracle Data Masking Pack、Oracle LogMiner、Oracle Streams、Oracle Messaging Gateway、 Oracle Secure Backup Express、Oracle Enterprise Manager Database Control、Oracle Configuration Management Pack、Oracle XML Developer's Kit、Oracle Text、 Oracle Content Database Suite、Oracle ODBC Driver、Oracle Objects for OLE、Oracle Data Provider for .NET、Oracle Developer Tools for Visual Studio、 Oracle Programmer、PL/SQL、Pro*C 、Pro*COBOLは、 米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標又は商標です。その他の名称はそれぞれの会社の商標の可能性があります。 Copyright © 2009, Oracle. All rights reserved. OSE00976-SS 〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター TEL URL 0120-155-096 http://www.oracle.com/lang/jp/direct/ お問い合わせ窓口 日本オラクル株式会社 oracle.com/jp

Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

Embed Size (px)

Citation preview

Page 1: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

「ITインフラコスト削減」と、「より高いサービスレベルの実現」

Oracle Database 11g R2

代理店名

本カタログの情報は、2009年12月現在のものです。実際の製品とは内容が異なる場合があります。*Oracle、Oracle Real Application Clusters、Oracle Database 11g、Oracle Database 10g、Oracle9i Database、Oracle8i、Oracle8、Oracle7、Oracle Real Application Testing、Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault、Oracle Grid Computing、Oracle Automatic Storage Management、Oracle XML Database、Oracle Data Guard、Oracle Flashback、Oracle Virtual Private Database、Oracle Partitioning、Oracle Real Application Clusters One Node、Oracle Clusterware、Oracle Application Express、Oracle SQL Developer、Oracle Recovery Manager、Oracle Secure Backup、Oracle Enterprise Manager、Oracle Automatic Storage Management Cluster File System、Oracle Warehouse Builder、Oracle OLAP、Oracle Discoverer、Oracle Scheduler、Oracle Transparent Data Encryption、Oracle Data Mining、Oracle Net Services、Oracle Multimedia、Oracle Spatial、Oracle Label Security、Oracle Data Profiling and Quality、Oracle Diagnostics Pack、Oracle Tuning Pack、Oracle Change Management Pack、Oracle Configuration Management Pack for Oracle Database、Oracle Provisioning and Patch Automation Pack for Database、Oracle Data Masking Pack、Oracle LogMiner、Oracle Streams、Oracle Messaging Gateway、Oracle Secure Backup Express、Oracle Enterprise Manager Database Control、Oracle Configuration Management Pack、Oracle XML Developer's Kit、Oracle Text、Oracle Content Database Suite、Oracle ODBC Driver、Oracle Objects for OLE、Oracle Data Provider for .NET、Oracle Developer Tools for Visual Studio、Oracle Programmer、PL/SQL、Pro*C 、Pro*COBOLは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標又は商標です。その他の名称はそれぞれの会社の商標の可能性があります。 Copyright © 2009, Oracle. All rights reserved.

OSE00976-SS

〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

TEL

URL

0120-155-096http://www.oracle.com/lang/jp/direct/

お問い合わせ窓口

日本オラクル株式会社

oracle.com/jp

Page 2: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

オラクルは世界初の商用リレーショナル・データベースの提供を1979 年に開始し、

それ以降 30年にわたって世界中の政府機関および企業の情報管理の課題を解決してきました。

オラクルは、常にお客様の情報資産の継承をおこないつつ革新的なテクノロジーを提供することで、

お客様の、より低コストかつ堅牢なインフラストラクチャを実現するという要望に応え、それが業界の標準を形成してきました。

多種のプラットフォームへの移植性、データの信頼性を保証する読取り一貫性、制限のない完全な行レベル・ロック、スケールアウトと

可用性を両立するクラスタであるOracle Real Application Clusters、多様なデータ型、XMLサポートなどはその例で、

Oracle データベースの圧倒的な技術的優位性の源泉となっています。

Oracle Database 11g R2は ITコストの 8割を占めるといわれる「運用管理・維持コストの削減」や

データの肥大化に対する「ストレージ・コストの削減」と「パフォーマンスの向上」、

待機リソースを有効活用することで「より高い可用性を低コストで実現」、

お客様のもつ「すべての情報の管理および活用」、

さらには「複数のアプリケーション環境下におけるパフォーマンスの向上」などを実現しています。

とくに「運用管理・維持コストの削減」の面では、システムの設計、構築、運用、

そしてシステム変更に至るシステムのライフサイクルにおいて自動化を推進しただけでなく、

システム変更時のテスト工数を大幅に削減します。

精度の高いテストが実行可能なOracle Real Application Testingを実装することで

コスト削減だけでなく、システム障害を極小化し、安定稼動というお客様のバリューにつながります。

また、高可用性が必須なシステムにおいて課題となっていた、

スタンバイ環境の有効活用を実現する

Oracle Active Data Guardも搭載しています。

さまざまな課題を解決するOracle Database 11g のメリットは、

あらゆる規模のシステムで享受できます。

中小規模のシステムでは、高いパフォーマンス、障害対応、豊富な開発環境、

そして自動管理データベースなどがシステム基盤強化に大きく寄与します。

小規模なデータベースを集約することでコストを削減し、

より高い可用性を実現するOracle Real Application Clusters One Nodeも提供されます。

また、大規模システムにおいては、運用管理、可用性、情報管理、

データウェアハウスなどが大幅に強化されており、

グリッド・コンピューティングによる

IT 基盤を提供することで顧客の競争力強化に大きく貢献します。

1

O r a c l e データベース

30 年の革新

2

「 I T インフラコスト削減」と

「より高いサービスレベルの実現」

Oracle Database 10g

Oracle Database 11g

Oracle Database 9i

Oracle Database 8i

Oracle Database 8

Oracle Database 7

Oracle Database 6

Oracle Database 5

Oracle Database 2

1977

2009

Platform Portability

Commercial SQL Implementation

Multi-version Read Consistency

Client/Server Support

Distributed SQL & Transaction Support

Cluster and MPP Support

Virtual Private Database

Built in Java VM

Real Application Clusters

Oracle Data Guard

XML Database

Flashback Query

Automatic Storage Management

Grid Computing

Database Vault

Audit Vault

Self Managing Database

Active Data Guard

Advanced Compression

Real Application Testing

Total Recall

Data Warehousing Optimizations

Multimedia Support

Parallel Operations

Built in Messaging

Partitioning Support

Object Relational Support

O

オラクルは、常にお客様の情報資産の継承をおこないつつ革新的なテクノロジ

お客様の、より低コストかつ堅牢なインフラストラクチャを実現するという要望に

多種のプラットフォームへの移植性、データの信頼性を保証する読取り一貫性

両立立するク るOracllee Real Application Clusters、多様な

ーータベース 技術的的的優位性の源泉となっています。

OOracllOracl

rrraaaaraa

多種種 ラ

可用性を両可用性を両

OrOraca le デーOracle デー

移植性、デ移植性、デ

クララスタスタスタでであるOracクラスタであるOrac

スススの圧倒倒的な的 技術的スの圧倒的な技術的

OOOOOrrrOrOOrrOr le DDDattaabbbaaasee 1111Database g

lleee Dlee Dlle Dle D

aaccle ac

Daaaattaabbaaseeeee 10000tabaseee 1Da ab see 100e 1 gg0DDD

r iB

Built in

Partit

Obj t R

ra bbbbaabba

OOracllcllleee Dlee Dlle Dle DDDaaattaabbaaseeeee 100000ttabaseee 1DDa a see 100e 1 gg00DDD

acclllee DDDacle DDDaaattabbDDaattabDaattabbDatabaassseee 999assee 99aassee 99ase 9iiiiii

rac abab e 8i

babase 8

a bbabbaac ee aattabttabattabtabaa

clel DDatattaacle DD tat bbasaseebase

tabase

Or

ra

r

aata

racclee Dcle D

acclecleeeee D Daae D

ac

atabase 6

DDatclee De DDDD

Ora D

Database

Daacaclee acle

O cle D

tabase 2

OrracacOrac

O lel DOraaclclOrac

Page 3: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

Oracle Real Application Clustersによるデータベース・グリッド

■ グリッド技術の進化

実績に裏打ちされた高い基本性能

先進的なグローバリゼーション・サポート

■ 読取り一貫性によるデータの保護

■ ロック・エスカレーションが発生しない行レベル・ロック

Oracleデータベース問い合わせは読取りをロックしません

スナップショット

アクセスの競合が生じない問い合わせにより、

ユーザーは待たされることがありません

企業内の ITインフラストラクチャはアプリケーションごとに分散され、管理されています。インフラを分散すると管理が複雑になり、ITリソースの効率的な活用が難しいため、企業の課題である高い ITの運用管理・維持コストの根本原因となっています。グリッド・コンピューティングでは、分散した複数のコンピュータを巨大な1台の仮想コンピュータとして利用することができます。グリッド・コンピューティングにより、効率的なリソースの分配と高い信頼性が実現され、企業内のインフラの統合・共有化が可能になります。Oracle Database 11g R2では、グリッド技術の進化により大規模にデータセンター全体のリソースを柔軟かつ容易に管理することが可能となり、大幅なコスト削減を実現します。

ポリシーベース管理によるデータセンター全体の最適化

Oracle Database 11g R2では、Oracle RAC により統合された一つの

データベース・グリッドだけでなく、複数のデータベース・グリッドを

統合管理し柔軟にリソース再配置をおこなうことができます。あらかじめ

設定されたポリシー(最小、最大、優先度)に基づいて、動的に物理

サーバーを割当てることで複数のグリッドで構成されるデータセンター

全体のリソースを最適化することができます。また、物理サーバーに

依存した構成情報を最小限にすることで、ノード追加・削除の際の

工数もより容易にできるようになりました。

Oracle Real Application Clusters One Nodeによる小規模データベースの統合

Oracle Database 11g R2で新たに提供されるOracle Real Application

Clusters One Node(以下、Oracle RAC One Node)は、小規模な

シングル・インスタンス・データベースを集約して、より可用性の高い統合

インフラを実現するための新しいオプション製品です。Oracle RAC

One Nodeは、内部的にOracle RACの技術を活用することでシングル・

インスタンスのデータベース構成でも、OMotionにより稼動中のデータ

ベースを別の物理サーバーに移動することでローリングパッチ適用を

可能にし、障害時のフェイルオーバーを実現します。

Oracle Real Application Clusters Oracle Real Application Clusters Oracle Real Application ClustersOracle Clusterware

Oracle Automatic Storage Managementストレージリソース仮想化

ストレージリソース仮想化

Oracle Grid Infrastructure

Server Pool

サービス サービス サービス サービス サービス

販売管理 在庫管理 顧客管理 営業支援 DWH

Server Pool Server Pool

販売システム

販売システムの処理量増加

CRMシステム DWHシステム

「Server Pool」を変更して、「物理サーバー」の構成を動的に変更

■ ポリシーベース管理によるデータセンター全体の最適化

■ OMotion による稼動中のデータベースの物理サーバーの移動

切替えが完了したら元のDBを停止

②接続先を切替え

DB3をサーバー Bで稼動

①DB1 DB2

Oracle Grid InfrastructureOS

物理サーバー A

OS

物理サーバー B

DB3 DB3

Oracle Database 11g は、行レベルのロッキングを採用しています。

対象の行だけがロックされる行レベル・ロックでは、ほかの多くの

データベースが採用しているページ・レベルでのロッキングに比べて、

アクセスの競合による待ち時間を大幅に削減できます。また、ほかの

データベースでみられるように、制限以上の行をロックするとページ

単位、さらにはテーブル単位でのロックへとエスカレーションされる

ことがないため、ボトルネックは発生しません。もう1つの重要な基本

機能として読取り一貫性があります。読取り一貫性の機能をもたない

データベースでは、データの読取り中に変更が発生した場合、問い

合わせ結果の不整合が発生する場合があります。これは、ダーティ・

リードと呼ばれ、会計システムなどの業務処理ではこのようなデータ

ベースは使用できません。Oracle Database 11gでは、読取り一貫性

の機能によりOLTPと非定型的な検索処理が同時に実行されるような

アプリケーションにおいても、性能を低下させることなく高いスルー

プットを実現できます。Oracle Database 11gは、データに関する統計

情報をもとにアクセス・パス(検索経路)の最適化をおこないます。

Oracle Database 11gのコストベースのオプティマイザは、問い合わせ

ごとに各表の大きさや問い合わせ条件の選択状況の統計を考慮

しながら、もっとも効率的なアクセス・パスと結合メソッドを動的に

判断します。

強力なアプリケーション開発環境

Oracle Database 11g は、世界中のさまざまな地域、言語、タイム

ゾーンをサポートしており、世界中のユーザーが1つのデータベースを

使用できるように設計されています。Oracle Database 11g は

Unicode5.0 をサポートし、Microsoft Windows Vista 以降で採用

された新しい日本語文字コードである JISX0213:2004 も完全に

サポートしています。

Oracle Database 11g はさまざまな開発環境で使用できるよう最適化

され、JDBC、ODBC、OLEDB、.NET、PHPに対応したミドルウェアを提供

しています。また、C/C++、COBOL、Javaといったさまざまな開発

言語をサポートする埋込み型 SQL 開発環境を提供します。GUI の

開発環境としては、Webベースのリッチ・アプリケーション開発環境で

あるOracle Application Express や SQL のコーディング、PL/SQL の

デバッグ、さらには他社データベースからの移行をサポートする

Oracle SQL Developer を標準で提供しています。

Oracle Real Application Clusters(以下、Oracle RAC)は、10年以上

の経験と実績を誇るオラクルの共有ディスク・クラスタ技術をベース

として、各ノード(サーバー)間のメモリ上のデータを高速に同期させる

キャッシュ・フュージョン技術により小規模なサーバーをスケール

アウトして拡張させることができます。他社製データベースが実装し

ている非共有ディスク・クラスタ技術と異なり、アプリケーションを

変更することなくクラスタのノード追加がおこなえるほか、1つの

ノードに障害が発生しても処理が停止することはありません。Oracle

RACは、高可用性とパフォーマンスを両立した、まさに至高のクラスタ

技術です。Oracle RACにより低コストでスケール可能なデータベース・

リソースを複数のアプリケーションで共有し、ワークロードを柔軟に

管理することでグリッド・コンピューティングを実現します。アプリ

ケーションをサービスとして定義し、処理リソースを必要に応じて

動的にサービスに割当てることが可能です。サービスに対してルールを

定義することで、細かなビジネスニーズに応じた処理リソースの

配置を実現します。

単一サービス基盤 複数サービス基盤共用データベース

可用性と拡張性 データベース・グリッド

Oracle 9i Database ~

OracleReal Application Clusters

Oracle Clusterware

Oracle Database 10g ~

複数のグリッドを束ねた共用インフラストラクチャ

データセンター・グリッド

Oracle Database 11g R2

Oracle Clusterware

Oracle Grid Infrastructure

Oracle Automatic Storage Management

OracleReal Application Clusters

OracleReal Application Clusters

OracleReal Application Clusters

OracleReal Application Clusters

Oracle AutomaticStorage Management

Oracle Clusterware

Grid Computingデータセンター全体のリソース最適化によるコスト削減

43

他のRDBMS問い合わせはページ・レベルのロックをおこないます

ページロック

ページロック

ページロックを使用する更新

問い合わせは待ちを生じます

アクセスの競合が生じる問い合わせにより、

ユーザーは待たされます

COL1 COL210 100

20 200

30 100

10 200

20 100

60 200

70 150

80 200

90 150

100 200

Aが読み込んだデータ

データに一貫性がない(ダーティ・リード)

時間の経過

別のユーザーによるデータの更新UPDATE SET COL2=150WHERE COL2<200

読込みが完了しているので古いデータを取得

読込む前なので別のユーザーのデータ更新が反映されてしまう

他のデータベース(読取り一貫性なし)

経過COL1 COL210 100

20 200

30 100

10 200

20 100

60 200

70 150

80 200

90 150

100 200

Aが読み込んだデータ

一貫性が保証される

時間の経過

別のユーザーによるデータの更新UPDATE SET COL2=150WHERE COL2<200

更新後のデータでなくスナップショットのデータを読み込む

オラクルのデータベース(読取り一貫性あり)

経過

Page 4: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

スタンバイ・データベースの有効な活用

■ Oracle Maximum Availability Architectureの構成

■ スタンバイ・データベースの活用例

高速かつ正確なバックアップ・リカバリ ― Oracle Recovery Manager、Oracle Secure Backup

ルーター

ロードバランサー

Webサーバー アプリケーション・サーバー

Oracle InternetDirect

ロードバランサー

ルーター

ファイヤーウォール

ファイヤーウォール

プライマリ・サイト

通常業務でのスタンバイ利用例

プライマリ

WAN TrafficManager

ルーター

ロードバランサー

Webサーバー アプリケーション・サーバー

ロードバランサー

ルーター

ファイヤーウォール

ファイヤーウォール

スタンバイ・サイト

スタンバイ

WAN TrafficManager

Oracle Data GuardOracle Active Data Guard

プライマリ・サイト

クライアント クライアント

スタンバイ・サイト

Oracle Database 11g Oracle Database 11g

・帳票ツール・データ検索、分析

●スタンバイ側を参照用途として利用可能なため、 帳票ツールやデータ検索などをスタンバイ側でおこなうことが可能

管理・開発・検証でのスタンバイ利用例

プライマリ・サイト

クライアント 管理者

スタンバイ・サイト

Oracle Database 11g Oracle Database 11g

・バックアップ取得・開発・テストサイト

●スタンバイ側をバックアップ用途として利用可能なため、 バックアップ負荷をスタンバイ側に集約●一時的に更新可能にすることにより、 本番データを用いた開発・テスト環境として利用可能

Oracle Real Application Clusters Oracle Real Application Clusters

ディレクトリ・サーバー

ディレクトリ・サーバー

Oracle データベースには高可用性を実現する多くの機能が実装されています。しかしながら、高可用性を実現するには、使用する技術やアーキテクチャだけではなく、構築手法や運用管理も必要不可欠な要素です。また、システム全体を見てサービスレベルを維持するための設計をおこなわないと、十分な可用性を得ることはできません。オラクルではこのような背景から、高可用性技術を組み合わせた検証を実施し、検証結果をもとに最適な設計と構成を提示したベストプラクティスであるOracle Maximum Availability Architecture(以下、Oracle MAA)を提供しています。Oracle MAA は Oracleデータベースの高可用性技術を連携させ、求められる可用性に応じた構成を低コストで素早く構築するための指針となります。Oracle Database 11g に搭載されている技術を活用すれば、システム内の待機リソースを排除し、従来以上に低コストで高可用性構成を構築することが可能となります。

Oracle データベースに実装されているOracle Data Guard は、

本番データベースのスタンバイ・コピーを作成、保持し、Oracleデータ

ベースの障害時にリカバリ計画の基盤となる機能です。REDOログを

転送・適用して、物理的に本番データベースと同一にするフィジカル・

スタンバイは、障害やデータ・エラーからの保護機能として有効

です。REDO ログから SQLトランザクションに変換し、それを

スタンバイ・データベースに適用するロジカル・スタンバイの機能は、

システムを停止させることなくアップグレードをおこなうローリング・

アップグレードのために使用できます。Oracle Database 11gでは

Oracle Active Data Guard が搭載され、フィジカル・スタンバイ

構成のデータベースを読取り専用として使用でき、バックアップも

可能となりました。Oracle Active Data Guard を用いれば、従来、

平常時は待機させておくしかなかったフィジカル・スタンバイによる

災害対策用サイトを、本番環境に負荷をかけることなく、レポーティングや

ほかのアプリケーションからの参照といった用途に使用できます。

また、バックアップについては、本番環境に負荷をかけずに増分

バックアップを高速に実行可能です。

本番環境

ブロック障害 自動的に修復 参照処理

プライマリ・データベース

災害対策

物理スタンバイ・データベースデータベースへの更新の同期

Oracle Active Data Guardtive DData GuardOracle Act

■ 本番サイトのブロック障害を自動的に修復

Oracle Active Data Guardによる待機システムからのデータ修復Oracle Database 11g R2では、さらにOracle Active Data Guard の

機能が強化されています。本番システムに破損ブロックが検出されると、

自動的にOracle Active Data Guard による待機システムから正常な

データ・ブロックを転送しデータを修復します。アプリケーションは

ブロック障害によるエラーを受けず、またシステム管理者もブロック

修復作業をマニュアルでおこなう必要はありません。また、転送される

ログデータをOracle Advanced Compression により圧縮すること

で、より狭いネットワーク帯域での災害対策運用が可能となり、ネット

ワーク費用の削減もおこなわれます。

Oracle Recovery Manager(以下、Oracle RMAN)では、データベースの

バックアップおよびリカバリを自動管理できます。ブロック・メディア・

リカバリ機能が破損ブロックだけを回復して、高速かつ正確にデータ

ベースをリカバリします。また、ブロック変更トラッキングの実装により、

高速な増分バックアップを可能にします。Oracle Secure Backup は

統合バックアップ・ユーティリティで、Oracle RMANと連携してテープ・

デバイスへのバックアップ・リカバリをおこないます。テープ・デバイスの

自動管理のほか、異機種間環境でのバックアップの集中化が可能です。

Oracle RMAN、Oracle Secure Backupともにバックアップデータの

暗号化を実現し、セキュリティに対するニーズに応えます。

人的ミスやデータ履歴保存への対応 ― Oracle Total Recallフラッシュバック機能では、人為的なミスが発生した際に、その直前の

時点まで戻ることでエラーの修正ができます。フラッシュバック・データ

ベースは、時間指定することで容易にPoint-in-timeリカバリができる

ほか、フラッシュバック・ドロップでは誤って削除してしまった表も容易に

復元することが可能です。Oracle Database 11g はフラッシュバック

機能を大幅に強化したOracle Total Recall を提供し、データの変更

履歴をデータベース内にアーカイブして、特定のある時点のデータの

検索を可能としています。

データ・リカバリ・アドバイザはOracle Database 11gの新機能で、障害

内容の診断、障害の影響分析、管理者へのリカバリに関するアドバイス

などを提供することで、迅速な障害の診断およびリカバリシナリオの

作成が可能です。また、Oracle Database 11gでは、データ障害を未然に

防止するためにUltra Safe モードが搭載されています。Ultra Safe

モードで動作させると、自動的にデータベースのブロック・チェック・

レベルを向上させ、データ破損からデータベースを保護します。

データ障害への迅速な対応 ― データ・リカバリ・アドバイザ

計画停止の大きな目的の 1つにパッチ適用やアップグレードがあり

ます。Oracle Database 11gでは対応した個別パッチに関しては、

オンラインでの適用が可能です。また、バージョンアップについては、

Oracle Data Guardのロジカル・スタンバイを使用したアップグレード

作業もローリング方式でおこなえ、計画停止時間を最短に抑えること

によって、ビジネスへの影響を最小化します。Oracle Database 11gでは

一時的にロジカル・スタンバイを構築したり、フィジカル・スタンバイを

ロジカル・スタンバイに変換して使用することができるので、より柔軟な

構成が可能となりました。

計画停止の最小化 ― オンライン・パッチ適用とローリング・アップグレード

Oracle Database 11g R2の新機能エディションベースの再定義により、

ストアド・プログラムのリコンパイルや表の定義変更が伴うアプリ

ケーションのパッチ適用や機能追加をシステムを停止せずにおこなう

ことが可能です。アプリケーションからエディションを指定して接続

することで、同一名称でエディション毎に異なるプログラムにアクセス

することができるため、アプリケーションのアップグレード前後の環境を

別のデータベースに用意する必要がありません。また、エディション間の

トリガーによりデータ変更の整合性をとることができます。

オンライン・アプリケーション・アップグレード■ オンライン・アプリケーション・アップグレード

アプリケーション データベースサーバー

V1

エディション

エディション

①V1用エディションを作成し、DB更新作業を実施

②更新後のアプリケーションで

動作確認

③動作確認後に、V2に切り替え

エディション ( 仮想的なDB領域 )を作成し、アプリケーションはエディションを

指定してDBアクセス 

Oracle Maximum Availability Architecture低コストでより高い可用性を実現

65

V2

V2

V1実データ

Page 5: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

クライアント

Middle Tier

Storage Storage

Oracleデータベース

SQLTuningSet

SQLの再実行

再チューニングのためにSQLチューニング・アドバイザを実行

本番環境 テスト環境

疑似クライアント

ワークロード履歴

キャプチャ Replay

本番環境で発生したワークロードをすべてキャプチャし、テスト環境で再現可能

本番環境 テスト環境

● Incidents● Traces、Dumps● Alert Log● HM Checker Reports

自己管理型データベース

Oracle Database 11g はグリッド・コンピューティングを実現する

ための洗練された自動管理機能を備え、システムの効率的な管理を

可能にします。Automatic Database Diagnostic Monitor は、データ

ベース・カーネル内に搭載された自己診断エンジンです。データ

ベースの状態を一定間隔で自動的に監視し、稼動中のデータベース

のパフォーマンスを随時診断します。問題が見つかった場合には、

診断結果をもとに自動的に解決するか、管理者へリコメンデーション

をおこないます。Oracle Enterprise Manager を使用すると動作状況

がグラフィカルに表示されるので、状況が一目でわかります。

Automatic Workload Repository は、Oracle Database 11g の

自己管理データベースの根幹となる機能です。過去の負荷や

パフォーマンス統計を自動的に収集して、データベース内に履歴として

保持し自動的にレポートを作成します。過去の情報からしきい値を

設定して、自動でアラートを上げることもできます。さらにOracle

Database 11g ではデータベースで使用されるすべてのメモリを

自動的に最適化するため、オンライン・トランザクション処理やバッチ

処理といった異なるメモリ設定を要求される処理も、それぞれ高い

パフォーマンスを維持できます。

自動SQLチューニング

Oracle Database 11gの SQLチューニング機能は、システム管理者を

悩ませるチューニングの工数を大幅に削減します。SQLチューニング・

アドバイザでは SQL 文を総合的に診断し、チューニングの推奨を

提示するほか、SQLアクセス・アドバイザで SQL のパフォーマンス

向上に最適な索引やパーティション方法を提示します。加えて、SQLを

障害診断インフラストラクチャ

Oracle Database 11g の障害診断インフラストラクチャは、データ

ベースに障害が発生した場合の一連の確認手順を自動化し、正確かつ

短時間での解決に導きます。障害発生時のアラートやログは

Automatic Diagnostic Repository に集中管理され、インシデント

番号で管理されます。エラーの種類に従い、自動的に適切なヘルス

チェックがおこなわれると、システム管理者は SQLテスト・ケース・

ビルダーにより障害再現ケースを作成し、必要な診断情報をパッケージ

化できます。このパッケージ化した情報を添付して、Oracle Enterprise

Manager の画面から質問をサポートセンターに送付することができ、

迅速な診断が実現します。また、データ障害に対応するデータ・リカバリ・

アドバイザ、SQL 障害に対応するSQLリカバリ・アドバイザにより、

従来は診断が困難であった障害に関しても迅速な復旧が可能になるので、

復元に伴うダウンタイムを大きく削減できます。

■ 自動SQLチューニング・アドバイザ

■ 障害診断インフラストラクチャ

■ SQL Performance Analyzer

■ Oracle Real Application Testingによるテスト期間の短縮

■ サポート・ワークベンチ

「問題の詳細」画面へ

パッケージング

障害(インシデント)情報

解析/診断 → 修正方法、回避策の推奨解析/診断 修正方法、回避策の推奨

SQLリカバリ・アドバイザ

データ・リカバリ・アドバイザ

障害情報のパッケージング

自動起動

チェック結果登録 情報取得 参照

(障害解決の作業画面)

GUIで操作

診断データを出力 (メモリのダンプ情報など)

ファイル

障害情報の ッケ ジング

IPS

SQL テスト・ケース・ビルダー

自動起動

チ ック結果登登録

ヘルス・チェック

● Incidents

報取得情報 参照

Automatic Diagnostic Repository

診断データを出力(メモリのダンプ情報な

自動診断データ 取得データ障害発生

Oracle Enterprise Manager - サポート・ワークベンチ

システム障害は、ハードウェア構成やOSの設定などの変更時に多く発生します。それらを防ぐためには事前検証テストの徹底が必要ですが、多くの企業では工数、コストとのトレードオフにより、システム変更時の検証が十分に実施できていないのが実情です。Oracle Database 11gでは、システム管理を自動化し、システム変更におけるリスクを最小化するための画期的なテスト機能が提供されています。このテスト機能「Oracle Real Application Testing」では、運用管理コストを大幅に削減しながらシステム障害を極小化し、コスト効率の高い迅速なシステム管理を支援します。

完全に自動的にチューニングする機能が提供されています。データ

ベースが負荷の高い SQLを検出して推奨プランを自動検証し、3倍

以上のパフォーマンスが得られる場合には、システム管理者の手を

介することなく自動的にチューニングを実装します。

Oracle Enterprise Managerによるシステム全体の統合管理

Oracle Enterprise Manager は、GUIベースのデータベース管理ツール

です。システム全体の稼動状況やパフォーマンス・ステータスが一目で

わかる統合的なビューを提供します。システム管理者は、管理コンソール

からシステムの稼動状況、パフォーマンス、アラート、セキュリティや

ポリシー違反、ジョブの状態など、管理すべき多くの情報を一目で

把握することが可能です。サーバーの CPU、メモリ、ディスクI/O の

使用状況、セッションやトランザクションの状況などがわかりやすい

グラフで目視確認できるので、可用性とパフォーマンスの監視が容易に

おこなえます。SGA(System Global Area)から直接情報を入手できる

ため、データベースの負荷が高く接続が難しいような環境でも正確な

情報を取得することが可能です。また、ターゲットの停止やしきい値を

超えたパフォーマンス測定値、エラーなどのシステムの異常は、アラート

機能によりただちに管理者に通知されます。スケジューラ機能を使用

すると、特定の時間にジョブを実行し、管理作業を自動化することが

できます。複数のジョブを連鎖させ、条件によって分岐させるといった

高度なジョブ設定も可能です。さらに、サポート・ワークベンチが

提供され、データベース障害時のエラーの調査、レポートなど、システム

管理者が障害に対応する際に必要な一連の作業をサポートします。

重大なエラーが発生した場合には、サポート・ワークベンチを通じて

システム管理者にエラーが通知され、Automatic Diagnostic

Repositoryに出力されたログ、トレース情報の調査をおこなうことができ、

各種ツールを呼び出すことも可能です。

より少ない工数でより正確なテストを実現するOracle Real Application Testing

Oracle Database 11gで新たに導入されたOracle Real Application

Testingでは、少ない工数・期間でより精度の高い事前検証をおこなえる

ので、情報システム部門(とくにシステム管理者)は、最小のリスクで

迅速なシステム変更が可能になります。特にOracle 9i Database や

Oracle Database 10gからのアップグレード時の性能検証に高い効果が

得られます。Oracle Real Application Testingは、Database Replayと

SQL Performance Analyzer から構成されています。Database Replay

では、大量のユーザーがアクセスした状態の本番環境のワークロードを、

検証用のデータベース上で、擬似的ではなく完全に再現することが

できます。アプリケーションの同時実行性、依存性、タイミングなどを含め、

本番システムからデータベース全体のワークロードを取得するので、

システム管理者は検証環境にてデータベースが稼動する環境の構成

変更をおこない、本番環境で取得したワークロードを再実行することが

できます。SQL Performance Analyzer は、本番環境で実行されるSQL

および統計情報などを取得し、検証環境でデータベースのスキーマ

定義などをおこなって、変更前後でのパフォーマンスを比較評価します。

SQL Performance Analyzer は SQLチューニング・アドバイザ、そして

SQL Plan Managementと連携して動作し、システム変更時に最適な

チューニングの実施を支援します。

Manageability & Change Assurance運用管理コストを削減しながらシステム障害を極小化

87

① アプリケーションがSQLを実行

データベース管理者必要に応じてチューニング結果レポートを参照

② 自動タスクがSQLアドバイザを定期起動

自動タスク

高負荷SQL SQLプロファイル

③ 高負荷のSQLをチューニングし、  SQLプロファイルを自動作成

④ SQLプロファイルにより  新しい実行計画で実行   → パフォーマンスが向上

SQLチューニング・アドバイザ

3倍のパフォーマンス向上が確認されたSQLについては全自動チューニングを実現

Page 6: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

ストレージの運用管理を自動化するOracle Automatic Storage Management

■ データベースによる情報ライフサイクル管理 イフサイイククル管管理

高アクセス 低アクセス

高性能ストレージ

高性能ストレージ 低コストストレージ アーカイブストレージ テープアーカイブ

履歴データ アーカイブ

テープアーカイブ

パーティショニングの活用

Oracle Advanced Compressionによるデータ圧縮

情報ライフサイクル管理を活用していない場合

情報ライフサイクル管理を活用している場合

■ データウェアハウス・プラットフォーム

■ In-Memory Parallel Query

OracleWarehouseBuilder

ETLサーバー不要

業務アプリケーション

分析ツール

サーバーコスト削減

フラットファイル

バ 削減

分析機能を統合

Oracle OLAP

Oracle Data Mining

分析・統計関数

スター・スキーマ

Partitioning表、ビュー

マテリアライズド・ビュー

ETL処理機能 さまざまなインデックス

統合されたセキュリティー監査ー暗号化ーアクセス制御

Oracle データベース

ソースデータ

ソースデータ(Oracleデータベース)

多くの企業では、データ量の増大とそれに伴うストレージ容量の増大、ひいてはストレージ・コストの増加という課題を抱えています。一般的に企業内のデータ量は、2年間で3倍のペースで増え続けているといわれますが、とくにSOX法などの法的な規制に伴うデータ保持期間の長期化や幅広い観点での分析ニーズ増加がデータ量の増大に拍車をかけています。Oracle Database 11gでは、ストレージ管理の自動化、データベース情報ライフサイクル管理、データ圧縮によりデータ量増大に伴うストレージ関連コストを削減することができます。

Oracle Database 11gでは、データウェアハウス環境でのパフォーマンスが大幅に強化されています。特にグリッド環境でのデータウェアハウス性能が大幅に強化され、In-Memory Parallel Query による高速並列処理、Oracle OLAPを利用したマテリアライズド・ビューなど大規模データウェアハウスでの性能向上を見据えた機能強化が図られています。

Oracle Automatic Storage Management(以下、Oracle ASM)は、Oracle

データベース専用に開発されたストレージ管理ソフトウェアで、複数の

データベースを管理できます。ディスク領域の管理やファイルの管理を

自動化することができるので、管理者の負担が大幅に減少します。Oracle

ASMは、データベースが使用するディスク領域の最適配置を自動的に

おこない、データの冗長化による信頼性の向上とストライピングによる

高いパフォーマンスを動的に実現します。ディスクを追加/削除すると

ディスク内のデータの再配置を自動的に実行するため、常に最適な

パフォーマンスと耐障害性を提供します。同時に、ディスクの特定箇所に

アクセスが集中しない配置がおこなわれ、ディスクの追加時には自動的に

リバランスすることでチューニングが自動化されます。Oracle Database

11g R2 では、データベース・ファイルだけでなく、ソフトウェア・バイナリや

ログ・トレースといった通常のファイルシステムの領域も管理をおこなう

Oracle ASM Cluster File System (以下、Oracle ACFS)が実装され、

ストレージ管理をOracle ASMで一元的に管理できます。

Oracle Partitioningによる情報ライフサイクル管理

情報ライフサイクル管理とは、データのアクセス頻度や用途などに

応じて、データを配置するストレージを変更し、ストレージ関連コストを

最適化する手法です。たとえば、時系列のデータがあった場合に、

最新でアクセス頻度の高い情報はハイエンドのストレージに、時間がたち

アクセス頻度が少なくなった情報は低コストのストレージに配置します。

従来の情報ライフサイクル管理はファイルデータのみのものでしたが、

オラクルはOracle Partitioning の機能拡張により、データベースの

情報ライフサイクル管理を実現します。Oracle Partitioningは、大規模

データの管理 /検索のパフォーマンス向上に不可欠な機能です。

Oracle Partitioningは大容量のデータを複数に分割して管理しますが、

論理的には1つの表であるため、SQLを変更しなくてもパフォーマンスを

向上させることが可能です。それぞれのパーティションはオンラインで

メンテナンスできるので、データ特性の変化に応じたストレージに

再配置することが可能になります。

月別データなど範囲を指定して使用するレンジ・パーティション、部門別

など値リストを指定して使用するリスト・パーティション、ハッシュ関数を

使用してデータを分散させ検索・結合効率を向上させるハッシュ・

パーティション、そしてこれらを組み合わせたコンポジット・パーティション

が使用可能です。Oracle Database 11gでは、パーティション・アドバイザ

などの自動パーティション機能を搭載し、管理性を向上させています。

Oracle Advanced Compression

Oracle Advanced Compressionはデータベースに格納されたあらゆる

データを圧縮し、パフォーマンスを向上させる画期的な機能です。

データ圧縮は平均2~ 3倍の圧縮率を実現し、ストレージ容量とコスト

の削減に寄与します。また、データ圧縮はブロック単位でおこなわれ、

圧縮されたデータはOLTP、データウェアハウスを問わず使用可能です。

データ圧縮をおこなうとデータ・ブロックへの I/O が減少し、さらに

メモリ上にも圧縮された状態でキャッシュされるため、大幅なパフォーマンス

向上が見込めます。

■ Oracle Automatic Storage Management

・Oracle ASMが、全てのデータベース・ファイルの配置を 自動的に最適化 (ストライプ&ミラー )

・ディスク追加時には、自動的にリバランス

・クラスター・ファイル・システムの機能を提供し、 全てのストレージを管理対象に

Oracle Automatic Storage Management ACFS

一つのツールで管理

ストレージ ファイルシステム領域

Oracle DBソフトウェアバイナリ

ファイルシステムの領域も、 同様に最適化される

ログ・トレース

In-Memory Parallel Queryによる高速なデータ処理

Oracle Database 11g R2では、In-Memory Parallel Queryが搭載され、

メモリにデータをキャッシュし、インメモリで並列処理をおこなう

ことで大量データの高速処理を実現します。マルチコア、大容量メモリを

活用することで、廉価なサーバーでより大量データのバッチ処理や集計

処理が可能となります。データ圧縮と組み合わせることで、より大量の

データをメモリ上にキャッシュすることが可能です。Oracle RAC構成の場合

には、複数のノードのメモリに分散してキャッシュし、最適な並列度で

実行することでさらに大量データの高速処理が可能となります。データを物理メモリにキャッシュ

ストレージ

マルチコアCPU

実データ

データウェアハウスを最大限に活かす豊富なETL機能

Oracle Database 11g にはさまざまなデータ抽出、転送、変換機能が

提供されており、専用の ETLサーバーを必要としません。Oracle

Warehouse Builder はデータウェアハウスの設計・構築を実現する

GUIツールであり、データベースのパフォーマンスを最大限に活用した

ETL処理を設計できます。データウェアハウスに対する影響・系統分析や

データ・プロファイリングといった高度なETL機能をサポートしています。

また、チェンジ・データ・キャプチャは、ソースとなるデータベースから

データを抽出する際に、対象となる更新された差分データだけを抽出する

機能です。非同期抽出も可能で、より効率的なデータの転送を実現します。

データ転送を効率化するトランスポータブル表領域は、表領域単位で

データベース間を移動することで、高速にデータ転送をおこないます。

運用中の表領域やデータベース間のプラットフォームが異なるケースも

サポートしているため、使用する環境を選びません。

データベースと融合したOracle OLAP

Oracle OLAPは、Oracleデータベースに完全に統合された多次元データ

ベース・エンジンです。リレーショナル・データベースのオープンな

アクセスや柔軟性、多次元データベースの分析力、パフォーマンスを併せ

持つことによって、従来は両立し得なかった特長を併せ持つことが可能と

なりました。Oracle OLAPは、集計、アロケーション、財務関数、統計関数、

時系列分析、予測などの高度な分析を実現します。管理面では、GUIの

管理ツールであるAnalytic Workspace Managerを提供するほか、

キューブの更新や集計のパラレル処理を実現し、キューブのメンテナンス

時間を大幅に短縮しています。また、Oracle Database 11g では、

マテリアライズド・ビューのクエリー・リライトの機能と組み合わせて

使用することができ、分析アプリケーションからはOLAPキューブを

意識せずに、高いパフォーマンスを享受することが可能となっています。

データ・マイニング

データ・マイニングは、蓄積された膨大なデータの山からビジネスに

有効な情報を取り出す技術です。Oracle Data Mining は、Oracle

データベースに統合されたマイニング・エンジンで、データベースに

蓄積された大量のデータを使用してモデルを構築し、法則を発見します。

新たに発生したデータをこのモデルに対して適用していくことで、

個々のふるまいの予測、母集団の分類、または母集団の中の関連性の

測定といったことが可能になります。

Storage Cost Reductionデータベース・ストレージ関連コストの削減

Data Warehouseより大規模なリアルタイム・データウェアハウス

109

■ Oracle Warehouse Builder

iCal

XPDL

Designer

OracleWarehouseBuilder

Oracle Discoverer Oracle BI Beans

Relational & OLAP Catalogs

Oracle Scheduler, Workflow

カスタムアプリケーション

ERP

Oracleデータベース

レガシーシステム

CWMImport

ファイル

データベース圧縮

インメモリで並列処理することで高速データ処理複数ノードへの分散キャッシュ

Oracle Real Application Clusters

Page 7: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

1211

アクセス制御を実現するOracle Database Vault

■ データベース・セキュリティ

■ Oracle Database Vaultによる強固なアクセス制御

■ Oracle Transparent Data Encryption

コンプライアンスを実現するには、職務分掌という考え方が重要です。

しかし、従来のデータベースでは、たとえば人事や会計情報などの

データに対して、本来の職務とは関係のないデータベース管理者も

アクセス可能となっていました。Oracle Database Vaultを組み合わせて

利用すると、データベース管理者のような特権ユーザーのデータへ

のアクセス制御が実現し、職務分掌を可能にします。また、

Oracle Database 11g の仮想プライベート・データベース機能を

利用すると、表・ビューの各行ごとに柔軟なアクセス制御の設定が

可能です。アプリケーション・コンテキストを利用することにより、

Webアプリケーションのようにスキーマを共有している場合でも、

ユーザーごとのアクセス制御が実現できます。 柔軟な監査

Oracle Database 11gでは、より柔軟に監査を実行する手段として

ファイングレイン監査機能が提供されており、従来よりも詳細な監査

ポリシーの設定、効率的な監査が可能です。

ネットワーク・データの保護

ネットワーク上を流れるパケットは、基本的に暗号化されないデータ

(平文)です。そこでオラクルの通信プロトコルであるOracle Net の

通信を暗号化して、通信経路上での盗聴などによる情報漏洩を防ぐこと

ができます。

セキュリティ評価・認証への対応

セキュリティに対する社会的関心の高まりとともに、各種のセキュリティ

関連国際標準が制定されています。これらは、中立的な第三者が

セキュリティ機能を正しく評価することで製品の安全性を確立し、

ユーザーにわかりやすい判断基準を提供するものとして、さまざまな

面で整備が進んでいます。

オラクルでは、ISO/IEC15408(Common Criteria)、FIPS 140-2 など、

各種国際標準の認証を取得しています。オラクルは、データベース

製品において ISO/IEC15408(EAL4)を初めて取得したベンダーです。

データベースの自動的な暗号化

Oracle Database 11gは、機密性の高いデータを、表領域、表、列単位で

自動的に暗号化して格納するOracle Transparent Data Encryptionを

搭載しています。Oracle Transparent Data Encryptionはアプリケーション

から透過的にデータベースを暗号化することが可能なので、アプリ

ケーションを変更する必要はありません。管理面では表定義の変更

のみで暗号化が利用でき、暗号鍵の管理も統合されています。また、

暗号化した列に対しても索引付けをおこなうことができるので、高い

検索パフォーマンスは維持されたままです。

Security & Compliance企業コンプライアンスとリスク管理を強化するデータベース・セキュリティ

非構造化データの活用の促進

■ さまざまなビジネス・データの統合

■ Oracle Database 11g ― 新しいデータ型

■ Oracle XML DB

Oracle Database 11gで非構造化データ活用を促進するための基盤が

Oracle SecureFilesです。Oracle SecureFilesは、データベースでファイル

データを処理する方法を刷新し、まったく新しいアーキテクチャで設計

しています。基本的な問い合わせや挿入操作ではファイルシステムに匹敵

するパフォーマンスを提供し、一般的なファイルシステムでは実現が

難しい、トランザクション管理や高度なバックアップを可能にしました。

また、自動的な暗号化やデータ圧縮など複数の高度な機能を利用できる

ので、コンテンツ管理におけるセキュリティ強化やストレージの効率

活用が実現できます。Oracle Database 11g R2では、Database File

System(DBFS)の機能が搭載され、Oracle SecureFiles上のLOBデータに

ファイルシステムのインタフェースでアクセスすることができます。

ミッションクリティカル環境をサポートするXMLの先進機能

Oracle Database 11gでは、従来の XMLのネイティブ・サポートを

さらに拡張し、業界最高のXMLデータ管理を実現しています。Oracle

XML Database は XMLを直接 XML 形式で格納できるXML Type

データ型に対応しているため、DTDや XMLスキーマによる検証、

XPath式によるXML文書の操作、XSL変換、XQuery などXML固有の

技術を使用して意味のある構造をもったデータとして利用することが

可能となります。さらに、ビューにより既存のリレーショナル・データを

XML文書として、XML文書をリレーショナル・データとして操作できる

ようになります。また、Oracle Database 11gでは XMLスキーマに

依存しない XML を高速に処理するバイナリXML および索引を

サポートします。これによりあらゆるXMLデータの高速化を実現し、

データ活用を推進します。

さまざまなデータを活用するためのデータ構造

Oracle Database 11g はさまざまなデータを活用するためのデータ

構造と演算子をサポートしています。Oracle Text では、Oracle

データベースに格納されたさまざまな形式 / 言語のドキュメントの

高速全文検索や、SQL のオープンな開発環境での高い信頼性・

拡張性を維持した検索が可能です。Oracle Multimedia は、マルチ

メディア・コンテンツをほかの企業情報に統合して管理し、オープンで

スケーラブルなアプリケーション開発を実現します。また、医療用の

データ・フォーマットである DICOM をサポートしています。

Oracle Spatial は空間データを管理し、地理情報アプリケーションの

基盤の役割を果たします。R-Treeと呼ばれる専用の空間索引を

搭載することで、空間データに対して高速な検索を実現するほか、

測地座標のサポートや座標変換、空間演算・集計など空間データに

対する豊富な機能を提供しています。Oracle Database 11gでは、

OpenGIS標準に対応したほか、新たに3次元のデータをサポートし、

設計情報の管理や建物の施設管理等、多数のアプリケーションに

活用できます。そのほか、Oracle Database 11g で は RFID や

RDF などの技術に対応した機能の強化が図られています。

Spatial

Images

ScannedDocuments

XML File

OfficeDocuments

RFIDデータ DICOM:医療用イメージ 3D空間情報

Manage Unstructured Informationあらゆる企業データの情報活用を促進

XMLアプリケーション

XML文書

JDBCXMLスキーマ・XML Typeデータ型

スキーマレス XML・バイナリ XML・テキストデータ

構造化データ・XMLビュー

XML索引・B-Tree 索引・XML索引・ファンクション索引・テキスト索引

.NET

OCI

SOAP

HTTP

FTP

WebDav

ファイル

XML Type

XML Schema

XQuery

SQL/XML

XSLT

DOM

フォルダ

ACLS

バージョニング

メタデータ

今日のシステムでは、コンプライアンスやリスク管理の観点から、これまで以上に堅固なセキュリティが求められています。情報漏洩に対する社会の監視の目は厳しく、情報資産の管理と保護は経営上の必須事項として位置づけられています。とくにコンプライアンスの観点から見た場合、情報資産を格納するデータベースのセキュリティ対策は必要不可欠です。Oracle Database 11g は、監査、アクセス制御、認証、暗号化を含めた統合的なセキュリティ機能を提供しています。

企業は、業務で使用する構造化データだけでなくドキュメントや画像、地図情報などさまざまな種類の非構造化データを保有しています。これらのデータを相互に連携させ戦略的な情報として有効活用するためには、すべてのデータを統合して管理し、アプリケーションから利用できるようにする必要があります。Oracle データベースはこの要望に対応するため、従来からさまざまなデータ型をサポートしてきましたが、非構造化データのパフォーマンスが障害となっていました。Oracle Database 11gでは新たにOracle SecureFilesを搭載し、ファイルシステム以上のパフォーマンスを実現しました。また、XMLの格納ではスキーマレスXMLの操作を高速化するためのバイナリXMLを搭載、さらなる高速化を実現しています。これらの機能により、さらなる企業データの情報活用の促進が可能になります。

経理部門

情報システム部門

アクセス制御

暗号化

監査ログ

人事部門

セキュリティ状況のレポート

経理部門

アクセス制御

情報システム部門(データベース管理者)

Financial DataFinancial Admin

Data DictionaryDBA Role

ユーザーA

ユーザー B

Create Table

CreateUser

上記以外の時間帯

月曜~金曜日9:00 ~ 18:00

CREATE TABLE employee( name VARCHAR2(30), employee_id NUMBER (10), salary NUMBER(9) ENCRYPT, title VARCHAR2(30));

列の暗号化を指定

データの暗号化

アプリケーションから透過的に暗号化

暗号鍵はデータベース側で自動管理

暗号化されたデータに対しても索引を使用可能

Page 8: Oracle Database 11g R2 - hitachi-solutions.co.jp · Oracle Advanced Compression、Oracle Active Data Guard、Oracle Total Recall、Oracle Audit Vault、Oracle Database Vault ... Oracle

各エディションで使用可能な機能

Maximum Availability Architecture

Manageability

VLDB & Data Warehousing

Grid Computingおよびデータベース・アーキテクチャ

機能/オプション 備考 EE SE/SE One 機能/オプション 備考 EE SE/

SE One

機能/オプション 備考 EE SE/SE One

セキュリティ

Unstructured Data Management

開発プラットフォーム

機能/オプション 備考 EE SE/SE One

Oracle Database 11g は 4つのエディションで構成されています。いくつかの有償オプション製品が提供されるOracle Database 11g Enterprise Editionでは、さらなる機能強化をすることが可能です。プラットフォームごとの製品の出荷情報とコンポーネントサポート状況については日本オラクルのホームページでご確認ください。

Oracle Real Application Clusters(RAC)

Oracle Clusterware      

Single Access Client Name(SCAN)

ポリシーベース管理(サーバープール)

Grid Naming Service

Oracle Restart

クラスタ時刻同期サービス

Oracle Real Application Clusters One Node

Oracle Clusterware  OpenAPI

Automatic Workload Management

Fast Application Notification

Oracle Automatic Storage Management (ASM)

Oracle Automatic Storage Management Cluster File System (ACFS)

ACFS Snapshot       

Intelligent Data Placement(IDP)

行レベル・ロック       

読取り一貫性によるデータの保護

データベース・イベント・トリガー

ラージ・オブジェクト(LOB)サポート

Oracle SecureFiles

                                

Oracle SecureFilesのデータ圧縮、重複の排除        Oracle LogMiner

一時表

オブジェクト・データベース

グローバリゼーション・サポート

JIS2004サポート(Unicode 3.2以降対応)

接続プーリング

Oracle Connection Manager

Oracle NetにおけるInfinibandのサポート

CPU、ディスク、メモリーの動的変更

インスタンス・ケージング

Windows ファイバ サポート

Microsoft Transaction Serverとの統合

Microsoft Cluster Servicesのサポート

Oracle Streams (REDOからSQLへの変換)

アドバンスト・キューイング

Oracle Messaging Gateway

基本レプリケーション

アドバンスト・レプリケーション

分散トランザクション

IPv6 サポート

4kセクタ・ディスク・ドライブのサポート

Database Smart Flash Cache

Oracle Data Guard      

フィジカル・スタンバイ (REDO Apply)

ロジカル・スタンバイ   (SQL Apply)

スナップショット・スタンバイ  

Oracle Active Data Guard     

基本スタンバイ・データベース

オンラインパッチ適用

ローリング・アップグレード

オンライン索引ビルド

オンライン表再編成/再定義

エディションベースの再定義    

                     

透過的アプリケーションフェイルオーバー

Oracle Flashback Query

Oracle Flashback Table/Database

Flashback Data Archive (Oracle Totall Recall)  

データベースの静止

ブロックレベル・メディア・リカバリ

増分バックアップおよびリカバリ

オンライン・バックアップおよびリカバリ

パラレル・バックアップおよびリカバリ

表領域のPoint-in-Timeリカバリ

トライアル・リカバリ

Recovery Manager(RMAN)

Oracle Secure Backup Express

バックアップのAmazon Simple Storage Service (S3)対応

Ultra Safeモード

データ・リカバリ・アドバイザ

Database Replay    

            

  

SQL Performance Analyzer 

                                 

Oracle Enterprise Manager Database Control

Database High Availability コンソール

リアルタイム SQL モニタリング

タイムゾーンデータ・タイムスタンプ自動更新

Oracle Enterprise Manager Grid Control

サポート・ワークベンチ

Oracle Change Management Pack

Oracle Configuration Management Pack

Oracle Diagnostics Pack

Oracle Tuning Pack        

Oracle Data Masking Pack

Automatic Database Diagnostic Monitor(ADDM)

Automatic Workload Repository (AWR)

AWR Baseline

Oracle Scheduler

Database Resource Manager

SQLチューニング・アドバイザ

SQLアクセス・アドバイザ

自動SQLチューニング

自動メモリ管理

自動UNDO管理

Oracle-Managed File

ローカル管理表領域

Automatic Diagnostic Repository

SQLテスト・ケース・ビルダー

SQLリカバリ・アドバイザ

Oracle Partitioning    

                  

パーティション・アドバイザ

Oracle OLAP

Oracle Data Mining

パラレル・クエリー     

自動並列度設定

In-Memory パラレル実行     

パラレル・ステートメント・キューイング

パラレル索引作成/スキャン

データ・セグメントの圧縮

Advanced Compression

Query Result Cache

SQL Plan Management

分析関数

PIVOT/UNPIVOT関数

サマリー管理:マテリアライズド・ビュー

キューブ・マテリアライズド・ビュー

ビットマップ・インデックス

ビットマップ・ジョイン・インデックス

ビットマップ・スター・ジョイン  

Oracle Warehouse Builder    

Oracle Data Profiling and Quality

SQL*Loader

データ・ポンプ        エクスポート/インポート    

トランスポータブル表領域 

トランスポータブル・データベース 

MERGE

外部表          

マルチテーブル・インサート

同期チェンジ・データ・キャプチャ

非同期チェンジ・データ・キャプチャ 

ネットワークの暗号化

Oracle Transparent Data Encryption

表領域暗号化

暗号化ツールキット

Oracle Database Vault

仮想プライベート・データベース(VPD)

基本監査

ファイングレイン監査

プロキシ認証

パスワードの暗号化

Oracle XML DB      

バイナリ XML       

XML Index         

XQuery 1.0サポート

XPath式によるXML文書の操作

Oracle XML Developer's Kit

Oracle Spatial       

3Dサポート

ネットワーク・データモデル

Oracle Database Workspace Manager

Oracle Multimedia     

DICOMサポート       

Oracle Text

RFIDデータ型

Oracle JVM/Java ストアド・プロシージャ

Oracle JDBC Driver

正規表現

PL/SQLストアド・プロシージャとトリガー

Java、PL/SQLのネイティブ・コンパイル

Oracle Application Express

Accessマイグレーション

Oracle SQL Developer

Oracle ODBC Driver

Oracle Objects for OLE(OO4O)

Oracle Data Provider for .NET   

Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET

Common Language Runtime(CLR)上でのストアド・プロシージャの実行

Oracle Programmer(Pro*C/Pro*COBOL)

高可用性と拡張性を提供する次世代クラスタ環境。SEではCRSとASM必須。

RACで必要なクラスタウェア機能を標準搭載NEW : out-of-place アップグレード

RACデータベースへのアクセスの簡素化

クラスタ内のサーバーリソースを効率的に共有

ノード固有の設定を排除(Grid Plug and Play)

スタンドアロン環境における自動再起動

クラスタを構成する全ノードのシステム時刻を同期

クラスタ内のシングルデータベースに対する高可用性の実現

NEW:PL/SQLのネイティブ・コンパイルのパフォーマンス強化

サービス毎に自動的に負荷分散

構成情報やイベントをアプリケーションに通知

高速で信頼性の高いストレージ環境

ACFSによりASMで全ユーザーデータを配置可能、完全なデータ統合環境の実現

ファイルシステム全体のポイント・イン・タイムコピーが可能(RAC one Node 及びRACオプションのみ)

ASM上でデータの物理的な配置を最適化することで、DiskI/O性能を向上

ページ単位や表単位にエスカレートしない完全な行レベル・ロック

不整合を起こさない読取り一貫性の保証

イベントの発生時に、トリガーを起動

ラージ・オブジェクトを格納

非構造化データを扱うLOB型の全く新しいアーキテクチャ。ファイルシステムに匹敵するパフォーマンスを実現NEW:データのアーカイブ先として、低コストなストレージを透過的にデータベースからアクセスできるDatabase File System機能の追加

非構造化データを圧縮し、重複を排除して、ストレージ容量を削減          NEW:LZO圧縮機能の追加

REDOログ情報をSQLで表示するツール

トランザクション中またはセッション中のみ有効な一時的な表

オブジェクト型およびメソッド

Unicode機能を拡張した各国語サポート

データベース・キャラクタセットでUnicode 3.2以降をサポートし、JIS2004に対応。

アイドル状態のデータベース接続を他の接続用に開放

1つのネットワーク接続で複数のDB接続を実現

Oracle Netの通信をInfinibandで高速化

動的に処理能力を変更可能

1インスタンスで使用できるCPU使用率を制限

Windows 2003から提供。より効率的な処理を実現

Windowsのみ提供

Windowsのみ提供、Oracle Fail Safe

複数データベース環境での情報共有 

データベースに統合されたメッセージ機能

IBM WebSphere MQシリーズとの連携

データのスナップショットをローカルに複製

マルチマスター・レプリケーション

2フェーズ・コミットおよびXAサポート

IPv6でのデータベース接続をサポート

ASM 上でも使用可能

SolarisとOracle Enterprise Linuxのみ使用可能

障害に対応のためデータベースを多重化 NEW:最大30サイトをスタンバイデータベースとして作成可能

REDOログを自動的に転送、適用することで物理的に同一のスタンバイ構成

プライマリ・データベースの変更をSQLベース適用して論理的に同期

障害発生時に自動的にフェイルオーバー

フィジカル・スタンバイでのリアルタイム・クエリーおよび高速バックアップ NEW : ・スタンバイ・データベースを利用した自動ブロック修正 ・スタンバイ側とのタイムラグの許容時間(秒)が設定可能に

基本的なスタンバイ・データベース。ログ転送や適用は手動

オンラインで個別パッチを適用。

ロジカル・スタンバイを利用してローリング・アップグレードが可能。

オンラインで索引の構築/再構築

オンラインで表の論理/物理構造を再定義

エディションベースでビューを管理することで、アプリケーション更改時にアプリケーションの新旧共存を実現、スムーズなアップグレード環境を提供(オンライン・アプリケーション・アップグレード)

障害発生時に自動的に接続先を変更

過去のある時点のデータを問合せ

表全体、データベース全体を過去のある時点に変更

従来のフラッシュバック技術を拡張し、データベースの履歴をセキュアに保存

管理者のみアクセス可能な状態(静止)にしてメンテナンス

ブロック単位でのリカバリが可能

変更済ブロックのみをバックアップ/リカバリ

オンライン状態でのバックアップ/リカバリが可能

バックアップ/リカバリのパラレル処理

指定したある時点まで表領域をリカバリ

リカバリする前に、リカバリのテスト

バックアップ/リカバリ処理全体の設定管理

テープへのバックアップを実現。別ライセンスのOracle Secure Backupではバックアップの暗号化を実現

Recovery Manager (RMAN) とクラウド・ストレージとの透過的統合。別途 Oracle Secure Backup ライセンスが必要です。

データ破損からデータベースを保護

データ障害からの復旧を支援するアドバイザ

本番システムの負荷をキャプチャし、、テストシステムで完全に再現 NEW:Oracle9i, Oracle Database 10g の負荷をキャプチャしOracle Database 11gで再現可能に

本番システムのSQLの動作をキャプチャし、テストシステムで再現 NEW:・Exadataハードウェアを利用せずにExadataへ移行した際の負荷状況をシミュレート ・Oracle9i, Oracle Database 10g のSQLの動作をキャプチャし、Oracle Database 11g で再現可能に

Webベースの管理ツール。特定の機能にはEEおよび有償Pack要

データベースの高可用性の監視に必要な機能が揃ったWebページの提供(Oracle Enterprise Managerにて表示可)

実行中のSQLのパフォーマンスを監視

タイムゾーン・ファイルが更新された際のタイムゾーン・データ タイムスタンプの自動更新

複数DB/AS環境を統合管理。特定の機能を使用する場合はEEおよび有償Pack要

データベース/ASM障害時の調査、対応を支援

スキーマの比較、差分更新を実現

サーバー/DBの構成情報比較・管理

監視・診断および問題のボトルネックの追跡

Oracle Diagnostics Packが別途必要。SQL全般のチューニングをおこなうツール

本番機密データのテストデータ用マスキング

データベースの自己診断エンジン        

データベースの統計情報を自動的に収集

データベース負荷の移動平均を取得

特定の時間にジョブを実行。カスタムのカレンダーを定義可能

リソースを詳細に割当て

最適なSQLを推奨

SQLの最適なアクセスパスを提案

負荷のかかるSQLを自動的に最適なSQLに変換

メモリサイズの動的変更と自動管理

UNDOセグメントの自動管理

物理データベースの作成/削除を自動化

表領域のエクステント情報をローカル管理

障害発生時に障害に関連するアラート、ログ情報を集約

障害時の再現ケース作成を支援

SQL障害からの復旧の支援

大容量のデータを複数に分割・管理 NEW: ・主キー/外部キーの仮想列対応 ・リストパーティション利用時のローカルドメイン索引のパフォーマンス向上

最適なパーティション構成を提案

多次元データベースを統合

マイニング・エンジンを統合

複数のCPUおよびI/Oリソースを1つのSQL実行に適用することでレスポンス時間の大幅な短縮を実現

それぞれのSQLに対してオラクルが最適なパラレル度を設定

大容量のバッファキャッシュを大規模テーブルスキャンに利用し、パラレルクエリーの高速化を実現

高負荷時でも安定的なパラレルSQLの実行を実現

パラレル処理で索引を作成

データウェアハウス用の圧縮機能でI/Oを減少し性能向上

OLTPを含むすべてのシステム、すべてのデータを圧縮し、高速化

データ・ブロックではなく、結果でキャッシュ実施し、メモリ利用効率を向上

SQLの実行計画を管理し、実行計画変更によるパフォーマンス劣化を防止

高度な分析計算を提供する組み込みSQL関数

SQL関数でピボットをサポートし、クロス集計を簡易化

集計表の利用で検索時間を大幅に短縮

OLAPキューブに自動的にクエリー・リライトし、さらなる高速化を実現

識別値の少ない列に対して有効な索引

表の結合情報をあらかじめ索引の中に格納

表の結合をビットマップによる論理演算で実現

データウェアハウスを構築するための設計・開発ツール NEW:Oracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBI EE)への対応

データ・プロファイリングにより高度なデータ品質を実現

外部ファイルのデータを Oracle データベースの表にロード

高速なエクスポート、インポート NEW:・DataPump ジョブのRAC複数ノードでの同時実行 ・従来のエクスポート/インポート ユーティリティ・コマンドと互換性のあるデータ・ポンプ レガシー・モードを提供

表領域単位での一括移動やコピーが可能。異機種間環境もサポート

データベース単位での一括移動が可能。同じエンディアンのプラットフォーム間で可能

複数の作業を単一のSQL文で同時に実行

外部ファイルに読取り専用表としてアクセスNEW:外部表読み込み時に外部プログラムを実行可能

データを複数のターゲット表に挿入

更新された差分だけを抽出する機能

※1 ブロック・チェンジ・トラッキング機能を使用した増分バックアップはSE/SE Oneでは使用できません。

ネットワークの暗号化、さまざまな認証を統合

表や列を自動的に暗号化 NEW:暗号化キーの再作成

表領域全体を自動的に暗号化

データベース内のデータを暗号化するためのパッケージ

データベースのアクセス制御

行レベルのアクセス制御

データベース操作を監査

詳細かつ柔軟な監査機能

複数のアプリケーションに対して認証可能

ネットワーク上のパスワードを暗号化

XMLの構造をデータベースに格納 NEW:XML DB リポジトリ操作のパフォーマンス向上、XMLTypeのパーティショニングサポート

XML文書をバイナリで保存し、すべてのXML処理を高速化 NEW:バイナリXMLのパーティショニングのサポート

XML Typeに特化した索引で検索を高速化 NEW:XMLIndexのパーティショニングサポート、パラレル実行サポートによるパフォーマンス向上

W3C勧告されたXQuery1.0のサポート

XPath式でデータベースからデータの取得

XMLアプリケーションの開発キット

空間データのデータベースへの格納 NEW:ネットワークデータモデルとGeoRaster Java APIの拡張

ラスター・データに対して空間索引を作成

空間データのノード・リンクの概念を表現。さらにRDFをサポート

表のバージョニング、ロング・トランザクション

マルチメディア・コンテンツを管理・格納 NEW:商標や著作権などのデータを悪用防止する透かしの埋め込みが可能に

医療画像の標準規格であるDICOMをサポート NEW:属性の部分抽出が可能に

全文検索機能を提供

EPC等のRFID標準データ形式をサポート

データベース上にJava VMを実装

OCI版とThin版の2種類

SQL内で正規表現をサポート

データベースで実行するためのロジック開発

Webブラウザからデータベースを簡単操作

Microsoft Accessからスムーズな移行を実現

SQL、PL/SQLでのアプリケーション開発を支援するGUIツール

Windowsに加え、Linux、Solarisでもサポート

Windowsのみ提供

Windowsのみ提供。Oracleデータベースにネイティブに対応した .NET Data Provider

Visual Studio .NETにアドオンして、.NET環境での開発生産性を大幅に向上

ストアド・プロシージャを.NET上で実行可能       

別ライセンス(Oracle Programmer)要

Op SE

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

Op ー

○ ○

Op SE

Op SE

○ ○

○ ○

Op ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

Op ー

○ ○

○ ○

○ -

○ -

○ ○

○ -

○ -

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ー

○ ○

○ -

○ -

○ -

○ ○

○ ー

○ ○

○ ー

Op ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ー

○ ー

○ ー

Op ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ○

○ ○

○ -

○ -

○ -

○ ○

○ ○

○ ○

Op ー

Op ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ー

○ ー

Op ー

○ ○

Op ー

Op ー

Op ー

Op ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ー

○ ○

○ ○

○ ー

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

Op -

Op -

Op -

Op -

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

Op -

Op -

Op -

○ ○

○ ○

○ -

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ○

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ー

○ ○

Op ー

Op ー

※1

1413

Technical Data主要機能一覧

パッケージング

※1ブロック・チェンジ・トラッキング機能を使用した増分バックアップはSE/SE Oneでは使用できません。

OS/プラットフォームによって一部制限される機能があります。詳細はプラットフォーム固有マニュアルを確認ください。はOracle Database 11gで追加された新機能です。   ・NEWはOracle Database 11g R2で追加された新機能です。 「Op」はEnterprise Editionのオプションです。 「SE」はStandard Editionのみに搭載されています。

Oracle Database 11gEnterprise Edition

中規模システムからエンタープライズシステムまで対応可能なエディション。エンタープライズシステムに求められる、パフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、可用性、管理性をすべて兼ね備えており、企業内のすべてのデータを統合するための基盤となります。機能強化のための多くのオプション製品も提供されています。

Enterprise Editionのオプション

・Oracle Real Application Clusters・Oracle Real Application Clusters One Node・Oracle Partitioning・Oracle Advanced Security・Oracle Label Security・Oracle Real Application Testing・Oracle Advanced Compression

Oracle Database 11gStandard Edition

Oracleデータベースの中位のエディションであり、基本機能に加えOracle Real Application Clustersを標準搭載して、低コストで高い可用性の要求されるシステムにも対応します。

Oracle Database 11gStandard Edition One

低価格で導入可能な中小規模システム向けのエディション。Oracle Database11gの高い基本性能、管理性、信頼性を享受でき、アプリケーションへの組み込みや部門用途のデータベースに最適です。

Oracle Database 11gPersonal Edition

Standard Edition および Enterprise Editionとの完全な互換性が必要とされる、シングル・ユーザー開発および運用をサポートするエディションです。

・Oracle Active Data Guard・Oracle Total Recall・Oracle Database Vault・Oracle Spatial・Oracle OLAP・Oracle Data Mining・Oracle Data Profiling and Quality

・Oracle Enterprise Manager Packs -Oracle Diagnostics Pack -Oracle Tuning Pack -Oracle Change Management Pack -Oracle Configuration Management Pack for Oracle Database -Oracle Provisioning and Patch Automation Pack for Database -Oracle Data Masking Pack